FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

『本』
永江朗 監修



「学び」とは、何かを発見する楽しさに満ちあふれたもの。身近なもの
でも視点を変えたり、ちょっと深く知れば、新しい世界が広がります。
「あたらしい教科書」シリーズは様々なテーマを魅力的な監修者のナビ
ゲートのもと、わかりやすく、楽しく伝えていくシリーズです。

本書は「新しい教科書」という叢書の中の一冊『本』です。

本が企画誕生から編集、デザイン、印刷、そして取次を経由して書店に
並び、読者の手に届くまでを追いながら、気になるトピックを紹介して
いきます。「本の本」は数あれど、全体をカジュアルな切り口で俯瞰した
本はなかったはず。全55ものキーワードで意外に知らなかった本のあれ
これを読めば、本の見方が少し変わるかもしれません。


これはなかなかためになる本です。
企画、編集、から印刷、そして書店に並ぶまでを大まかな工程にそって
説明していますが興味深いしわかりやすい。
さすが本の本です。
本の魅力としてはこの本は装丁もシンプルで美しくカバーのさわり心地
も素晴らしい。
本好きには嬉しい一冊でした。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村





tb: 0 |  cm: 0
go page top

Nowhere Man

ラバー・ソウル
ラバー・ソウル

Nowhere Man 邦題「ひとりぼっちのあいつ」

出だしのハーモニーが素晴らしい
曲の進行とともにさらにコーラスは続く。
主メロはジョンだがエラを張って歌ってるイメージが強い。
エンディングのコーラスの音域の広がり具合も好き

そして軽快なリズムがこの曲の魅力をさらに大きくしている。

昔はそんなに思わなかったのですが
最近いい曲だなあとしみじみ思います。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

Not A Second Time

ウィズ・ザ・ビートルズ
ウィズ・ザ・ビートルズ

正直に申すとどんな曲か思い出せない。

「ウィズ・ザ・ビートルズ」収録だといま確認しました。

実はI’m Cry Insteadも思い出せない。

この2曲のみが私にとってのビートル鬼門か。

せっかくなのでYouTubeで確認しません。
tb: 0 |  cm: 4
go page top

Norwegian Wood (This Bird Has Flown)

久々のカテゴリー「全曲レビュー途中」です。

ラバーソウル収録のNorwegian Wood (This Bird Has Flown)
「ノルウェーの森」です。

ざくざくっとしたアコースティックギターが心地よい。
しかしながら結構オカズが入っていてテクニカル。
あれ弾くの結構難しいのでは。私は弾けませんでした。

シタールの音色もステキ。

そしてジョンの声がなんともいい味わい。
途中から加わるポールのハーモニーがこれまた良い。

普段は思い出さないような曲?かもしれませんが
いざ聴くとハマりますよね。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった

『人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった』
戸部田誠



お笑い芸人もアイドルも、ゆるキャラまでも、テレビの前ではその
“人間性”がむき出しになる。ビートたけしの若き日の野望、
明石家さんまの「生きてるだけで丸もうけ」。黒柳徹子は、宮沢りえは、
田原総一朗は何を思い、カメラに向かうのか。
人生に「ムダ」だけど大事なことはみんな、テレビが教えてくれる。
文庫オリジナル!テレビっ子ライターが収集した金言の宝石箱!
テレビから発信された、100人による100の哲学。


芸能人のちょっとした発言からその人の魅力をぐぐぐっと引き出す
読んでいて非常に心地よい本です。
悪口がなくみんないい人に思えてきます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

マンガでわかる心療内科 ストレスコントロール編

『マンガでわかる心療内科 ストレスコントロール編』
ゆうきゆう・ソウ


現代社会の我々が抱えるストレス。
万病のもとと呼ばれるストレスですが、それは大きな誤解です!付き合い
方さえ変えれば、人間が感じるストレスは実はすべて「いいもの」にな
る!?ゆうきゆう&ソウの笑って賢くなれる心療内科シリーズ!

相変わらずギャグは冴え面白い。
が内容は本当なの???

ストレスを受けて次のステップのきっかけと捉えれば好転する、
という内容ですが、そう思えない人にとってはどうにもなりませぬ。

『心理学は役に立たない⁉ 2』も読んでます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

ギャグマンガとして読めば常に面白いところがクセモノ。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

山の霊異記 黒い遭難碑

『山の霊異記 黒い遭難碑』
安曇潤平



木陰に立ち並ぶ数十体の地蔵の、ある法則に気づいた瞬間に戦慄する
「顔なし地蔵」、風雨と霧に閉ざされたヒュッテの乾燥室にうずくまる
青い雨具の男の正体が切ない「乾燥室」、奇妙なほど行く先々の山で遭遇
する女性の言動が謎と不安を誘う「ポニーテールの女」他。避難小屋、
山奥のトンネル、テント―心身ともに強靱な山男たちを震撼させる、
恐ろしくも不可解なできごとを山の霊気とともにつづる。


実話怪談集なのでしょうがかなり物語風になっていてそこも巧い。
「顔なし地蔵」がまさにそれ。
恐怖度と筋運びの妙が楽しめる傑作です。

そういえばどこにも実話怪談とは銘打っていないのですが
実際はどうなのでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話