02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

書生の処世

『書生の処世』
荻原魚雷
書生の処世
書生の処世


自由にたのしく暮らすには
ひまさえあれば本を読み、ひまがなくても本を読む。
アメリカン・コラムに私小説、ノンフィクションからマンガまで。
どんな本にも生きるヒントがある。 
世渡り下手の読書術。


という”内容紹介”ですが
そんな大層なものではなくもっとユルイ。
そこがよいんです。

生きるヒントなんていらない。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

怪笑小説

『怪笑小説』
東野圭吾
怪笑小説 (集英社文庫)
怪笑小説 (集英社文庫)


年金暮らしの老女が芸能人の“おっかけ”にハマり、乏しい財産を使い
果たしていく「おつかけバアさん」、“タヌキには超能力がある、UFOの
正体は文福茶釜である”という説に命を賭ける男の「超たぬき理論」、
周りの人間たちが人間以外の動物に見えてしまう中学生の悲劇
「動物家族」…etc.ちょっとブラックで、怖くて、なんともおかしい人間
たち!多彩な味つけの傑作短篇集。


『怪笑小説』『毒笑小説』『黒笑小説』『歪笑小説』を、
こらえきれずに一気に購入してしまった。
一般的な東野作品はそれほど読んではいないのに。

「鬱積電車」
電車内で誰もが誰かに対して思う負の感情がたっぷり。そしてラストは
大変なことが起こりそう、というところで終わる。

「おっかけバアさん」
芸能人の”おっかけ”に目覚めるバアさんの話。とにかくパワフルで
話が暗くならない。

「一徹おやじ」
こどもを野球人に育てようとするおやじの話。わりあい順調にその道に
進んでいくがラストは別の道だった。

「逆転同窓会」
生徒の同窓会に先生を呼ぶのでなく、先生の同窓会に生徒を呼ぶ。
ラストはほろ苦いがうなづける。これは大傑作か。

「超たぬき理論」
UFOは文福茶釜である。いい加減そうだが、所謂ビリーバーとのUFO
討論だとこちらに分があるのも面白い。

「無人島大相撲中継」
大相撲実況を完璧に再現できる男をめぐる話。孤立してしまった無人島で
の娯楽として最高。

「しかばね台分譲住宅」
見知らぬ死体を互いの陣地になすりつけあう二つの分譲住宅群。
腐っていく死体の描写はえぐくなっていくがオチは秀逸。

「あるジーサンに線香を」
若返ってそしてまた老化していくジーサンの日記。アレのパロディだが
こちらはこちらで哀しい。

「動物家族」
親でも兄弟でも学校でもその特徴が分かると動物に見えてしまう中学生。
笑いはなくひたすら暗い。筒井康隆の影響を感じる。

ということで全体において
筒井康隆をむさぼり読んだ時のような感覚を得た。
面白い。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

倒叙の四季

『倒叙の四季』
深水黎一郎
倒叙の四季 破られたトリック (講談社ノベルス)
倒叙の四季 破られたトリック (講談社ノベルス)


懲戒免職処分になった元警視庁の敏腕刑事が作成した
“完全犯罪完全指南”という裏ファイルを入手し、完全犯罪を目論む4人
の殺人者。「春は縊殺」「夏は溺殺」「秋は刺殺」
「冬は氷密室で中毒殺」。心証は真っ黒でも物証さえ掴ませなければ逃げ
切れる、と考えた犯人たちの練りに練った偽装工作を警視庁捜査一課の
海埜刑事はどう切り崩すのか?一体彼らはどんなミスをしたのか。


タイトル通り倒叙モノのミステリ連作です。事件は “完全犯罪完全指南”
に沿って緻密に計画されています。
犯行描写は細かく法医学的な内容も多く含んでおり興味深いものがありま
した。多くのミステリでの犯人の浅墓な行動を批判(得意のメタでなく)して
いたりしているところもありそこも興味深い。

謎解きはあくまで物的証拠に拘るので犯人との駆け引き部分が少ない
という事もあるのでしょうが、探偵役の造形は抑えているようです。
コロンボ、古畑、福家のようなキャラはありません。

・・・が本格推理の面白さを伝承するものとして、ぜひ作品数を増やして
テレビドラマ化していただきたい。
“完全犯罪完全指南”に関する部分は最終話のサプライズとして。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

不可能犯罪捜査課

『不可能犯罪捜査課』
ディクスン・カー
不可能犯罪捜査課 (創元推理文庫―カー短編全集 1 (118‐1))
不可能犯罪捜査課 (創元推理文庫―カー短編全集 1  (118‐1))


発端の怪奇性、中段のサスペンス、解決の意外な合理性、
この本格推理小説に不可欠の三条件を見事に結合して、
独創的なトリックを発明するカーの第一短編集。
奇妙な事件を専門に処理するロンドン警視庁D三課の課長マーチ大佐の
活躍を描いた作品を中心に、「新透明人間」「空中の足跡」
「ホット・マネー」「めくら頭巾」等、全十編を収録。


まず第一に文字が小さい!
創元推理文庫、1997年の45版。1ページ44文字×18行です。
(この前読んだ講談社文庫は38文字×16行。
老眼に優しいこの大きさの活字が良くなってきた。)

それを言い訳にしてしまいますが、なかなか文章に集中出来なかった。
登場人物も多くついていけなかったのもあります。

そんななか「銀色のカーテン」はなかなか良かった。
トリックうんぬんよりわかりやすかったってことですけど。

「めくら雑巾」は”解決の合理性”のあとにゴースト・ストーリーを
組み入れるという展開でした。
(日本の怪奇探偵小説っぽい味わいかも)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ポール、武道館でやるようです

4/27、29、30と東京ドーム公演の告知は出たものの
その公演数の少なさから何か仕掛けているとは思っていましたが
4/25(火)に武道館公演が行われるようです。

4/27でチケットを買った人は
”初日”を望んでいた人もいたと思うのでこれはいかがなものか。

”武道館”を目玉にしたこの作戦ですが
正直チケット売れるんでしょうか
私は別に武道館にはこだわらないし、
なにしろ高い。

SS席10万
S席8万
A席6万
B席4万

ポール側というよりプロモーターが価格設定しているんでしょうが
最低で4万っていくらなんでもねえ

私は29日に行きますが1万8千円がかわいく思えてきましたよ。

tb: 0 |  cm: 4
go page top

醗酵人間

『醗酵人間』
栗田信
醗酵人間 (ミステリ珍本全集03)
醗酵人間 (ミステリ珍本全集03)


「戦後最大の怪作SFの噂。酒を飲んで発酵する謎の怪人。
あまりのバカバカしさは、むしろ感動を呼ぶ」と評され、
「BOOKMAN」誌の〝SF珍本ベストテン〟第6位を獲得した『醗酵人間』
(1958年刊)。
そして、なぜか「醗酵人間」に対抗意識を燃やし、
LSDで人格変換を起こす主人公の活躍を描く『改造人間』(1965年刊)
を同時収録する。


ずっと欲しかった本です。
やっと買いました。
でも読まない気もします。

まず、「ミステリ珍本全集」(第3回配本)というところがいい。
本作は明らかにこの企画の目玉です。

装幀もいい。
しかし中身はグダグダらしい。

以下、帯の内容です。

**********************
墓場から甦った
復讐鬼・醗酵人間とは何者か⁈
醗酵人間・九里魔五郎が巻き起こす
奇想天外な怪事件!

戦後SF最大の怪作と呼ばれた
天下の奇書!
**********************

どうですか。
持ってるだけで楽しいでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

サード ~ ソフト・マシーン

サード ~ ソフト・マシーン
3
3

1970年発表。
ジャズ・ロックの名盤として誉れ高い作品です。
私はピンと来ない時期が長かったのですが最近じわじわきています。

結果的にじわじわになった要因としては「4」や「6」よりも
キャッチーでないところかもしれません。
聴く者を放っておいてそのまま置き去りにしてるかのような音楽です。
この音楽を面白いと感じるのは、捻くれた野郎に違いありませぬ。
最近ソフト・マシーンを聴き始めて「3」最高、なんていう若人は、
道を踏み外してます。孤立します。
みなと同じにJポップを聞いていたほうが何かと話は弾むでしょう。。

メンバーは
マイク・ラトリッジ(オルガンとピアノ)
ヒュー・ホッパー(ベース)
ロバート・ワイアット(ドラムと歌)
エルトン・ディーン(サックス)
という強力な布陣にさらに四人の弦楽器、管楽器奏者が加わっています。

持っていないけどLP時代は2枚組全4曲。
このハッタリも効いてますなあ。
ああ70年代ロックってこの長尺スタイルからしていいなあ。

私のおすすめは2曲目「スライトリー・オール・ザ・タイム」。
マイク・ラトリッジ作で多分一番入りやすいかな。
部分的におしゃれなフレーズも出てきて聴きやすい。


今はどうだかわかりませんが
所有する盤での帯の文句
”ブリティッシュ・ロック史上、最も野心的かつ理知的なバンド”
なんだかわからないなりに理知的ってところに惹かれてしまう。

こういう言い回しにもプログレ/ジャズ・ロックファンは弱い。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話