05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

笑芸人 しょの世界

笑芸人 しょの世界 プロも使えるネタノート (双葉新書)笑芸人 しょの世界 プロも使えるネタノート (双葉新書)
(2010/11/17)
高田 文夫

商品詳細を見る

高田文夫がお送りする芸人さんのエピソード集。
噺家さんが多いですがわりと最近の人のエピソードも入ってます。
とはいってもWコロンのねづっち、あたりですが・・・

先代の三遊亭円楽師匠がおもしろい。
「さあ、笑点、今週も始まりました。さあ、まずは2問目!!」

雑誌のインタビューで、師匠は本をよく読むんですかと問われ
「若い頃、図書館へ行きましたらネ、係りの人にそっと
”もう、あなたの読む本はありません”っていわれました、ガハハハハ」

↓さあ、まずは応援よろしくお願いします。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

野宿入門

野宿入門野宿入門
(2010/09/23)
かとうちあき

商品詳細を見る

野宿の素晴らしさを説く本です。
いや説いているのかはわかりませんが。
ただ、なんかいいなあと思わせる文章と内容で疲れたときに読むと癒しの効果もあるかも。

飄々としたこの著者は若い女性で
結構大胆に野宿をしています。
山で野宿ではなく公園や駅やトイレってのもなかなかです。

↓飄々と応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

ところでブログジャンルのテーマを”宿泊施設”にしたのですが自分ではウケております。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ますます酔って記憶をなくします

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)
(2011/04/26)
石原 たきび

商品詳細を見る

酔っ払いエピソード集「酔って記憶をなくします」の続編
・柳田国男について熱く語る
・知らない人と婦人靴の未来について語り合う
が好み。(←なんなんだ、好みって)

酔った勢いでクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
tb: 0 |  cm: 2
go page top

嘘みたいな本当の話

嘘みたいな本当の話 [日本版]ナショナル・ストーリー・プロジェクト嘘みたいな本当の話 [日本版]ナショナル・ストーリー・プロジェクト
(2011/06/23)
内田 樹、 他

商品詳細を見る

おもしろ実話的で
よくありがちな本なので普通なら買わないところ
表紙の絵が狙っているのか自然なのか
妙にきになる絵だったので買ってしまいました。

惹句は
”泣いた、笑った、驚いた!
日本中から届いた149の実話たち”で
全米から体験談が寄せられた『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』
の日本版なんだそうです。

笑える話や、偶然ってすごいよね、的な話が面白かったです。

では私の嘘のような本当の話あるかというと
・・・・思いつきません。


↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

むかつく二人

むかつく二人むかつく二人
(2007/01)
三谷 幸喜、清水 ミチコ 他

商品詳細を見る

三谷幸喜と清水ミチコのラジオ番組のトーク内容をまとめた本。
可笑しい。
ラジオ番組のほうも聞いてみたい。


tb: 0 |  cm: 2
go page top

どうかと思うが、面白い

どうかと思うが、面白いどうかと思うが、面白い
(2011/06/03)
平山 夢明

商品詳細を見る

平山氏のまわりの変人たちのエピソードを紹介している。
といいますか平山氏にとっては単なる日常かもしれませんが。
『「超」怖い話』や他の本でもわかるとおり
この人はヘンな人を吸い付ける力があるでしょうなあ。
読んでる分にはユカイですが
ディープな世界だけに
このような人たちには近づきたくないです。

ほんとユカイというのもどうかと思いますが、
面白いモンです。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

郷土LOVE

郷土LOVE郷土LOVE
(2009/07/24)
みうら じゅん

商品詳細を見る

それではお話させていただきたいと思います。
ゆるーく、みうらじゅんが47都道府県を語ります。
記念館、おみやげ、仏閣、観光スポット、人生など
これらを独自の視点で解析したものをやたらと真面目な口調で語ります。
そして聞き手も必要以上に話に乗っていかないので
不思議な可笑しさが生まれています。
最初から最後までくすりと笑わせていただき、
郷土愛を考えさせていただける素晴らしい本であるということを
報告させていただきたいと思います。

まず47都道府県について話すことがあるのが凄いですが
やはりこの人の物事への面白がり方っていいですね。

第34回高知県より
「やっぱり、怖さを克服するとか、人生を一歩先に進めるときには、
買ったほうがいいんですよ。そのために、お金ってあるんですよね。
お金って、怖いものをなくすための紙なんですよ。
あれは、幸せになる紙じゃありません。」

これなんかものすごくいい事を言ってるなあ、と
思いましたことをお話させた頂きました。


tb: 0 |  cm: 0
go page top

酔って記憶をなくします

酔って記憶をなくします (新潮文庫)酔って記憶をなくします (新潮文庫)
(2010/09/29)
石原 たきび

商品詳細を見る


お酒は強い方ではないので
記憶がなくなるまで飲むことはないのですが
そうでない人たちはすごいようです。

電車を乗り過ごす、転ぶ、モノをなくす
目が覚めたら知らない場所、などが多いのですが
しゃべり系がしみじみしていてよいです。

かに雑炊のおいしさ」を1時間以上語る
吐いたら負けかなと思っている」と連呼
公園で詩を詠む生き方が流行る」と断言
岡山では桃でバスに乗れる」と吹聴
走っても時速30km出ない」と電話で相談
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話