FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Two Rainbows Daily ~ ヒュー・ホッパー&アラン・ゴーエン

Two Rainbows DailyTwo Rainbows Daily
(2009/03/12)
Hugh Hopper、Alan Gowen 他

商品詳細を見る

1980年発表。
ベースのヒュー・ホッパーと鍵盤のアラン・ゴーエンという
カンタベリー・シーンの重鎮によるデュオ作品です。

ヒュー・ホッパーは
もちろんソフト・マシーンでの活動が有名な
変拍子親父です。

アラン・ゴーエンは 実はあまり知らないのですが
ナショナル・ヘルスのオリジナル・メンバーで
ミュージシャンズミュージシャンとして大変な評価を受けていたようです。

さて私が持っているCDは
ボーナストラックでドラムを加えたライヴ音源も入っていますが
オリジナルは完全なデュオです。(キーボードは多重録音していますが)

まず冒頭よりキーボードの音色がカンタベリー
これは聴かねばわからないところですがメロディ以前に音色です。
ここらへんがカンタベリーミュージックの面白いところでもあります。

表題曲ではピアノとベースの力強い演奏がたっぷり聴けます。

全体的にはあまりジャズ的な要素は少なく
テクニカル部分も少ない地味な作品ですが
カンタベリー的?な美しさに溢れた名品です。

↓地味に応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ

関連記事
tb: 0 |  cm: 6
go page top

コメント

No title

カンタベリー好きの私ですが、本作の存在を知りませんでした。
この少し前に結成した「ソフト・ヒープ」で意気投合したのかも
しれませんね♪

Youtubeで「Waltz for Nobby」を聴いてみました。
アランらしい、しっとりとした良い曲です!
なんと、再生回数は17回。
こんな素敵な曲を、みんな知らないなんて
もったいないですねぇ(^_^)

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2012/12/20 18:42 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

17回ですか。
アップしてくれた方も残念な思いでしょうね。

本作ではヒュー・ホッパーもあまりヘンなことをせず
アランの鍵盤を支えている感じした。

URL | 面白半分 #-
2012/12/20 21:16 * edit *

No title

面白半分さん
こんばんは。寒いですね。
ご紹介のアーティスト僕は知りませんでした。
ネットでどう聴くかわかりませんでした。
記事を拝見すると是非聴きたくなりました。
CDを買うのがいいですか?

URL | ST Rocker #GK7sQxxU
2012/12/20 21:51 * edit *

Re: ST Rockerさん

こんばんは。ホントに寒くなりましたね。

興味を持っていただきうれしい限りです。

私はYouTubeを利用しています。
ここで
Two Rainbows Daily で検索すると
1件ひっかかりました。(ジャケットが写っていました)

キーボードのくすんだ音色はまさしく”カンタベリー”の音です。

ただ打楽器が入ってないので
ちょっと退屈に感じる部分もあります。

ということでCDまではオススメできない感じかなあ。

URL | 面白半分 #-
2012/12/21 19:33 * edit *

No title

面白半分さん
YouTubeで聴いてみました。
キーボードとベースが小気味よく絡み合ういい感じの曲でした。
特別テクニカルではありませんが、落ち着いてしっとりといい感じで聴くのによい曲ですね。

URL | ST Rocker #GK7sQxxU
2012/12/22 11:46 * edit *

Re: ST Rocker さん

さっそく聴いていただきありがとうございます。

かなり落ち着いた楽曲ですよね。

ベースのヒュー・ホッパーが活躍する
ソフト・マシーンもなかなかいいですよ!

URL | 面白半分 #-
2012/12/23 14:31 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/992-4b92e8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話