09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

夜よりほかに聴くものもなし

夜よりほかに聴くものもなし サスペンス篇―山田風太郎ミステリー傑作選〈3〉 (光文社文庫)夜よりほかに聴くものもなし サスペンス篇―山田風太郎ミステリー傑作選〈3〉 (光文社文庫)
(2001/05)
山田 風太郎

商品詳細を見る

「夜よりほかに聴くものもなし」
この印象的なタイトルはヴェルレーヌの詩からとったものだそうです。

さて表題の連作短編集を含む短編集ですが素晴らしい作品ばかり。

「鬼さんこちら」
ちょっとユーモラスな部分もある完全犯罪モノ

「目撃者」
ウソの目撃証言のせいで人生が狂っていく男の話だが
この証言者の花売娘が一番怖い

「跫音」
はずみで殺人を犯してしまった男が警察の追及から逃れようとする話だが
おかしみとともに哀れみがうまくでている。

「とんずら」
詐欺にあった男の話。これもおかしみと哀れみに満ちている。

「飛ばない風船」
倒叙ミステリー。いまとなると別段新しさはないが当時は凄かったのかな。

「知らない顔」
指名手配犯に似ていた男の妄想とさらにもうひとひねり。

「不死鳥」
異常心理モノというか探偵怪奇小説趣味にあふれた作品
見かけたことはないがその手のアンソロジーにうってつけの様な気がします。

「ノイローゼ」
いろいろな思い込みから生まれる悲喜劇。

「動機」
殺害動機が積み重なっていくようだがなかなか明かされなく、意外な展開が待ってました。

「吹雪心中」
はずみの浮気旅行から転落していく二人。

「環」
いろいろな事件が関係しあい環を結ぶ。

「寝台物語」
壮大な復讐計画も一回情けをかけたせいで崩れていく。

これに「夜よりほかに聴くものもない」10編が加わります。
これは動機探しのミステリーですが
哀しい運命を背負った犯罪者たちの話に耳を傾けた
主人公、八坂刑事の
「それでも 俺は君に、手錠をかけなければならん」
のセリフで幕を閉じます。

2cm超えの分厚い短編集ですが
まったく質が落ちないのがあらためて凄いです。
山田風太郎といえば”忍法帖”のイメージが大きいと思われますが
ミステリーでも素晴らしい作品群を残していますなあ。

↓それでも応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

犯人の犯行に至る動機を書かせると、初期の山田風太郎先生に勝てる人はいないのでは、と思います。

ものすごく重い話ばかりですから、読んだ後でインターバルを置かないとほかの作品が読めない(^^;)

やっぱりすごいよなあ山田先生。今、「戦艦陸奥」所載の「太陽黒点」を読んでいますが、こちらもこちらでまた……らしいのですが、うむむ。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2012/10/07 13:25 * edit *

Re: ポール・ブリッツさん

そうです。
犯人の犯行に至る動機、なんですねえ。
この短編集もつまるところソレなんであります。

ポール・ブリッツさんには
「虚像淫楽」などをご紹介いただいていましたが
それがなかったら山田作品は素通りしていたのではないかと思います。

いやあ、読むことができてよかった。

URL | 面白半分 #-
2012/10/07 21:33 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/907-cec583e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話