09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

海洋地形学の物語 ~ イエス

海洋地形学の物語海洋地形学の物語
(2010/05/26)
イエス

商品詳細を見る

1973年発表。
当時2枚組みのアルバムで片面1曲で計4曲という大胆なアルバムです。
イエスが来日公演で東京に滞在していた時、
ジョン・アンダーソンがホテルで読んだヒンドゥー教の経典からヒントを得て
スティーヴ・ハウと一緒にアルバムの骨格を固めてしまったようです。
当時はその疾走感のなさに問題作扱いされていたようですがそれでも英チャート1位。恐るべし。

なにしろアルバムはジョンのお経のような声から始まります。
その後も全体的に緩やかな流れに沿って曲は進行していきます。
こんな感じで全4曲、80分。
静と動の振れ幅がイエス・サウンドの魅力とすれば
本作は殆ど”静”です。
ところがメロディが美しい。
イエスですからラブ・バラードのような美しさではないですが
英国的で叙情的な美しいメロディにあふれています。

ヘンなポイントですが
ロジャー・ディーンのジャケットも素晴らしいし
邦題「海洋地形学の物語」もいい味を出していますし、
収録4曲とも邦題が
「神の啓示」
「追憶」
「古代文明」
「儀式」 、と漢字率が高くここら辺は個人的にうれしいところです。

さて、やはりイエスですからクリス・スクワイア師匠のベースが気になるところですが
これは「儀式」前半で炸裂します。
なんやかんやいってもやはりイエスはこうでなくちゃね。

↓大胆に応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ

「古代文明」でのハウ師匠のアコースティック・ギターもやはりイエス・サウンドですなあ。
関連記事
tb: 0 |  cm: 6
go page top

コメント

No title

評価に賛否両論のある本作ですが
イエスの作品の中では、強烈な存在感を放っていますね♪

この後に脱退してしまったリックは、本作反対派第1号だったのかな?

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2012/09/28 07:13 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

反対派リック1号+クリス2号
肯定派ジョン+スティーヴ
アランはとりあえず様子見というところでしょうか。

「儀式」を完成させずにリックが抜けたのでアランがピアノも弾いているみたいです。

URL | 面白半分 #-
2012/09/28 22:07 * edit *

No title

2枚組み計4曲という長尺ぶりに恐れをなして、未聴です^^;

奥の細道に入る前に、こういったメインストリートの落し物を拾っておかないといけませんなあ。

そろそろ購入検討してみます(できるだけ安くw)。

URL | 実験鼠 #jQGwdBnc
2012/09/29 07:52 * edit *

Re: 実験鼠さん

長尺好きにはそれだけでおいしいぐらいですが
ぎゅっと凝縮すれば誰もが認めるすごいアルバムになっていたのかもしれません。

”メインストリームの落し物”と”奥の細道でのそこそこの品”
お金のかけ方の配分は悩みますよねえ

URL | 面白半分 #-
2012/09/30 05:50 * edit *

No title

このアルバムは、
「こわれもの」「危機」「究極」
その他に比して、
とても馴染みがたかった印象がありますね。

(中3という事もあったので、)

今、改めて聞くと違った発見があるかも知れません。

でも、アナログがあっても、CDがないのです。

URL | torioden #-
2012/10/03 17:23 * edit *

Re: toriodenさん

割とゆったりしたところは
おじさん向きかもしれませんね。

美しいメロディは満載なので
ジョンのソロ作的に聴くといいかも知れませんです。


URL | 面白半分 #-
2012/10/03 21:17 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/900-d15914eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話