07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

フル・ハウス ~ ウェス・モンゴメリー

フル・ハウス+3フル・ハウス+3
(2007/09/19)
ウェス・モンゴメリー

商品詳細を見る

1962年のライブ盤で傑作の誉れが高いようです。

私はオルガンのジミー・スミスとの競演盤を愛聴していますが
ここではテナー・サックスとの絡みも聴かれます。

あいかわらずジャズを語れるには至らないのですが
最初に感じたのが演奏能力の高さ。
テクニカルな高速フレーズが飛び出します。
これがオクターブ奏法の威力?

だんだんロック・ミュージシャンも演奏能力が高まっていきますが
1962年あたりだとジャズ・ミュージシャンのほうが圧倒的な力量を持っていたようですね。
(まあロックの魅力はそこだけではないわけですが・・)

今、書いていないことに気づきましたがウェス・モンゴメリーはギタリストです。
特にギターにおいてはいろいろな奏法、システムが出てきており
なにが上手いのかはだんだん分からなくなってきてしまいますが
ここでのピッキングしまくる奏法は凄く新鮮でした。

シンプルなジャケットも新鮮です。

↓シンプルに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

No title

技術的なことには弱いですが、オクターヴ奏法は、太くて柔らかい(?)豊潤な音に感じられますな。

1962年のロック界で上手いギタリストといえば・・・ベンチャーズのノーキー・エドワーズなんてどうでしょうw

URL | 実験鼠 #jQGwdBnc
2012/09/09 00:44 * edit *

No title

ムムッ、今日もジャズできましたね(^_^)
ジャズって自由な音楽っていうイメージがありましたが
理論の部分の面白みもありそうですね。

オクターブ奏法の印象は“暖かみ、深み”のようなものを感じていましたが
実験鼠さんの“豊潤”の方がピッタリきます!!

クイーンのアルバム「ジャズ」は、音楽カテゴリーのそれとは直接関係無いようですね。
だって、「ば~いしこ、ば~いしこ♪」ですもんw。

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2012/09/09 10:43 * edit *

Re: 実験鼠さん

よくは知らないのですが
ベンチャーズ等のインスト・バンドの時代だったのかもしれませんね。

ただオクターブ奏法まではさすがにやっていない?

URL | 面白半分 #-
2012/09/09 21:13 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

なんとなく理屈っぽく語るのが多いところは
プログレと同じかもしれません。
そういった意味でも惹かれます。

「ば~いしこ、ば~いしこ♪」
あれ『ジャズ』に入っていたんですか。
かなり忙しい?曲ですよね。

URL | 面白半分 #-
2012/09/09 21:18 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/882-1d3cb315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話