07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ラヴクラフト全集 (1)

ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))
(1974/12/13)
H・P・ラヴクラフト

商品詳細を見る

毎度お馴染みラヴクラフトですが
実は読むのは初めてです。
とっつきにくい印象がありました。

まず”ラヴクラフト”という字ヅラが怪しい!

本作収録は
「インスマウスの影」
「壁の中の鼠」
「死体安置所にて」
「闇に囁くもの」

ちょっと毛色の違う「死体~」を除くと
他は”私”が体験した怪異を後に語るというスタイルですが
この怪異自体が本当にあったのか”私”の幻覚がそう感じさせているのか
判断がつかなくなるような混沌とした独特の雰囲気を醸し出しているような気がします。
ただいづれも畸形な何かを表現するあたりが、
何かはわからないがなんだか気味悪く表現されていて気味悪いです。(←変な言い方になってしまいました)

ラヴクラフトの世界観というものがあるようですが
その代表作といわれる「インスマウスの影」よりは
他の作品のほうが読みやすかったです。

「闇に囁くもの」は
一般的に馴染みのあるサスペンス小説的な筋運びであるためか
一番読みやすかったです。
(ただ設定はブットンでいますが・・)

もう少し他の作品を呼んでから
「インスマウスの影」に戻ると違った感想を得るかもしれませんなあ。

その時はラヴクラフト信者になっているのかも・・

↓その時は応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/826-4978666c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話