09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

風塵地帯

風塵地帯 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)風塵地帯 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)
(1995/11)
三好 徹

商品詳細を見る

政情不安定なインドネシアを舞台にしたスパイ小説です。
作者はあとがきでスパイ小説を2つに分類しています。
組織の側から描くものと、組織に捲きこまれるがわからとらえたもの、とにです。
作者は後者をより本格と位置づけており
本作「風塵地帯」は捲きこまれがたのスパイ小説になっています。

スパイ小説とはいっても
あからさまな諜報についてのシーンがあるわけでなく
捲きこまれがたサスペンス小説といったほうがわかりやすいです。

主人公は特派員としてインドネシアに赴任しますが
そこでかつての知り合いのカメラマンに出会い
ここから事件に捲き込まれて行きます。

↓捲きこまれついでに応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
関連記事
tb: 0 |  cm: 3
go page top

コメント

No title

この人のスパイ小説では、「風は故郷へ向かう」を読みましたが、なかなか面白かったです。

でも、なかなか古本屋で接近遭遇しないんだよな、この人のスパイ小説……(^^;)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2012/07/15 12:35 * edit *

Re: ポール・ブリッツさん

この方はあまり存じていなかったのですが

スパイ小説(こういう言い方は現代でも使っているのか?)でのキーワードは”風”なんでしょうかね。

URL | 面白半分 #-
2012/07/15 22:35 * edit *

No title

三好徹先生の初期のスパイ小説は、「風シリーズ」と呼ばれています(^^)

調べてみたら四部作だそうです。探してみてはどうでしょう(^^)

でも古本屋になかなか(T_T)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2012/07/16 11:06 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/816-035e0ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話