07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Peter Gabriel 2: Scratch ~ ピーター・ガブリエル

Peter Gabriel 2: ScratchPeter Gabriel 2: Scratch
(2010/09/28)
Peter Gabriel

商品詳細を見る

1978年発表。
毎度お馴染みピーター・ガブリエルのソロ2作目です。
この人のアルバムは1枚目から4枚目まで原題は全て「peter gabriel」
これだと区別がつかなくなるので便宜上数字をつけています。
さらに愛称”SCRATCH”(ひっかくの意、なるほどジャケットがそうですね)

ジャケットといえばここでのピーガブの顔は
なんだか映りのいい時のニール・ヤングっぽい気がします。
または目つきの鋭いふかわりょう。

さて本作、プロデューサーがロバート・フリップです。
そして御大フリップ、ここぞとばかり素晴らしいギターを聴かせています。
圧巻は「White shadow」
曲自体がいい中での後半のギター・ソロは
うねりながら天高く登りつめるような至福に満ちたサウンドです。
(こういったギターってキング・クリムゾンでは弾かないんだなあ
「The Nightwatch」で聴けるくらいか)

そしてフリップのソロでもとりあげた「Exposure」
これもフリップ・ヴァージョンよりいい感じだなあ。

↓フリップからみで終わってしまいましたが応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
関連記事
tb: 1 |  cm: 4
go page top

コメント

No title

丁度、先日CD屋さんに行ったのですが、
ピーター・ガブリエルを買おうかどうか迷ってやめたところでしたw。
(この人の作品は全く未聴です)

「White shadow」を聴いてみましたが、イイですね~♪
初期ジェネシスのメロディが好きな人には、たまらないでしょうね。
Ⅰ~Ⅳまで買っちゃうかもしれません(^_^)

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2012/06/13 07:41 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

「White Shadow」いいでしょう!

私はⅠは持っていないのですが
やはり最初のほうがジェネシスっぽい部分を持っているんでしょうかねえ。

後には「スレッジ・ハマー」が大ヒットしてしまうわけですが・・
(これはこれで好きな曲です)

URL | 面白半分 #-
2012/06/13 21:08 * edit *

No title

申し訳ないんですが、Ⅰ~Ⅴの中で一番聴かないのが、このⅡです^^;

でもプログレ・ファンからすると、フリップがらみのⅡが一番興味あるところなのでしょうね。

ちなみにⅠは、不気味な1曲目を除いて、あまりジェネシスっぽくないですw フォークやったり、映画音楽みたいなのやったりいろんなことしてますが、「Here Comes The Flood」という曲は名曲だと思います。

URL | 実験鼠 #jQGwdBnc
2012/06/14 00:04 * edit *

Re: 実験鼠さん

Ⅰはジェネシスっぽくないんですか。
不気味な1曲目が気になるところです。
「Here Comes The Flood」はやはりフリップ先生の『Exposure』にも収録されています。
(歌はもちろんピーガブ)

URL | 面白半分 #-
2012/06/14 19:43 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/785-c9d86082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Peter Gabriel 2: Scratch ~ ピーター・ガブリエル】

Peter Gabriel 2: Scratch(2010/09/28)Peter Gabriel商品詳細を見る1978年発表。毎度お馴染みピーター・ガブリエルのソロ2作目です。この人のアルバムは1枚目から4枚目まで原題は全て「peter gabriel」これだと区別がつかなくなるので便宜上数字をつけています。さらに愛...

まとめwoネタ速neo
2012/06/13 02:21
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話