FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

一条次郎『レプリカたちの夜』

一条次郎『レプリカたちの夜』




動物レプリカ工場に勤める往本がシロクマを目撃したのは、夜中の十二
時すぎだった。絶滅したはずの本物か、産業スパイか。「シロクマを殺
せ」と工場長に命じられた往本は、混沌と不条理の世界に迷い込む。
卓越したユーモアと圧倒的筆力で描き出すデヴィッド・リンチ的世界観。
選考会を騒然とさせた新潮ミステリー大賞受賞作。「わかりませんよ。
何があってもおかしくはない世の中ですから」。


なんだかわからない設定と世界観で面白く読み進めるも
だんだん本当にわからなくなってきた作品。

わからない事を堂々と言っていいような作品です。

新潮ミステリー大賞受賞作ですって。
解説にはこんなことが書かれているがまさにソレ。

「ミステリー」であるかどうかはともかくも、本作は「小説」として
無類の魅力を持っている。文体はデビュー作とは思えないほどこなれて
おり、こんなにワケのわからない(笑)展開なのに、スイスイ読めてしま
う。傑作である。――

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


↓ハッとした一文。

人間が認識できる以上の速度で目の前にかかる橋があらわれたり
消えたりする装置があれば、人間は気づかないで橋を渡ろうとするだろう。
そして足を踏みはずして谷底に落下するのだ。


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/3307-2dceb109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話