FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

黒猫館の殺人

『黒猫館の殺人』
綾辻行人

 


大いなる謎を秘めた館、黒猫館。火災で重傷を負い、記憶を失った老人・
鮎田冬馬の奇妙な依頼を受け、推理作家・鹿谷門実と江南孝明は、東京
から札幌、そして阿寒へと向かう。深い森の中に建つその館で待ち受ける、
“世界”が揺らぐような真実とは!? シリーズ屈指の大仕掛けを、読者は
見破ることができるか?


新装改訂版で再読しました。
この館シリーズを再読しており、記憶の中にあるあのメイントリックが
出てきていないので、本作こそアレだろうと思って読みました。
衝撃度は薄まっているのでしょうが分かって読んでも面白いです。
(何言ってるか自分でもわからなくなってます)

さて作中の推理作家・鹿谷門実に対して

もっと執筆速度を上げて、二時間ドラマになりやすそうな設定にして、
主人公を渋みのある刑事にして列車で各地を旅行させれば、…。


との見解がありました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 8
go page top

コメント

これは「眩暈」と同じころ発売されて、メイントリックがそっくりだ、と「このミス」で物議をかもしたやつですね。

わたしの好みからしたら、このメイントリックが「常識」として扱われている大沢在昌の「不思議の国のアルバイト探偵(アイ)」が好きです(無論、この2冊の数年前に発売された作品)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2019/11/28 00:01 * edit *

綾辻先生、「大ネタ」を使う時は上段からまっすぐ打ち込んでくるので、決まったときはびっくりできるけど、軌道が読めた時は「なんだそんなもんか」ってがっかり感のする作家で……。

思い出せる限りでは、『館』シリーズでも、

びっくり:「十角館」「迷路館」「時計館」「奇面館」
がっかり:「水車館」「人形館」「黒猫館」「暗闇館」

とはっきり分かれちゃう人で、そんなところを「新本格」の作家では偏愛しています。それだけ正々堂々ってことですから、こちらも背筋をまっすぐにして寝転んで読む(笑) がっかりといっても、「推理」が当たったわけですから、それはそれで楽しいので。

次の館が楽しみです。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2019/11/28 00:22 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは。

これを「常識」として扱う?
「不思議の国のアルバイト探偵」読んでみます!

BOでよく見かける気もするが
大沢さんの作品は1作しか読んでいないので中身を改めることもしていませんでした。

URL | 面白半分 #-
2019/11/29 21:52 * edit *

Re: タイトルなし

おっ「奇面館」高評価ですね。

私は残念ながら軌道が読めないのでほとんどの作品が びっくり です。

一番は「時計館」、”新本格”へ招待された「十角館」も忘れ難し。

正々堂々ってところはなんだかうなづけますなあ。

次の館はなんでしょうね。

URL | 面白半分 #-
2019/11/29 21:57 * edit *

いや、あえてネタバレの危険犯しますが、捕らわれの身になった主人公が、まずトイレに入って確認するんですよ。

アルバイト探偵(アイ)は、高校生が語り手兼主人公で、一作一作、マンガみたいなシチュエーションで、ギャグを飛ばしてくるユーモア小説でありながら、決めるところは決めるハードボイルド冒険小説やってくれるので、個人的には「新宿鮫」よりも好きです。できれば冴木親子の活躍を楽しむためにも、シリーズ一巻から読んでほしいですなあ……。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2019/11/29 21:59 * edit *

ポール・ブリッツさん
こんばんは。

シリーズものなんですね。

私が読んだ唯一作が「新宿鮫」なので
イメージとは異なるようですがますます面白そうです。

1作目から読むこととします!

URL | 面白半分 #-
2019/11/30 21:21 * edit *

ここでも書いてありますが、

https://takuyah.x0.com/iblog/B899569920/C172847960/E1795416065/index.html

講談社文庫版はこの順番で読まないとダメですのでお気を付けを。単行本が出るとき、版権などでいろいろとあったのです。

でも意外と少ないなあ、アルバイト探偵。もっと出てるもんかと思ってた(汗)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2019/12/01 18:10 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

講談社の一覧順ではないということですね。

あれからブックオフで探してますが
いざ買おうと思うとなかなかないものです

URL | 面白半分 #-
2019/12/03 22:37 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/3170-cd8b667d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話