FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

検事霧島三郎

『検事霧島三郎』
高木彬光



若きエリート検事霧島三郎は、弁護士の娘竜田恭子との結婚を間近に
ひかえていた。ところがその父、竜田慎作に愛人絞殺、加えて麻薬所持
の疑いがあるというのだ!?“検事の妻が殺人犯の娘であってはならない
”苦悩する三郎をよそに続発する第二、第三の殺人。失踪する竜田の
捜索は病的な麻薬中毒者の世界へと広がる…。検事の活動とその人間
葛藤を具に描き出した社会派推理の傑作。


角川リバイバルコレクションというシリーズの中の一冊です。
作品としてよりこの”本”の魅力で買いました。

主人公である検事霧島三郎の婚約者の父が殺人と麻薬に関与しているら
しい、さてどうするという設定の作品であり、謎解きよりも、検事の立
場と婚約者の立場で葛藤する主人公の姿をメインに据えた内容です。
正直なところまどろっこしい。解説の夏樹静子さんは、この婚約者が事
件を通して成長していくところを評価していたが全くそれは感じません
でした。
高木彬光のもともとの質からくるものなのかそういう時代なのか、登場
人物は、検事サイドの人間であっても裏に何かありそうに感じられてし
まいました。すべての人物がなにか企んでいるのではと思って読み進め
たのは初めてです。
そんなわけでミステリ的にもいまいち乗り切れず、いつまでたっても自
立できない婚約者(小説上もっと活躍させられる筈)の鬱陶しさ、誰も
”意外な犯人”になりえないような雰囲気あり500頁を超える長編を読み
終えるのに結構時間がかかってしまいました。

またどうにも見え隠れしてしまう著者のエリート意識のようなものが
読み進めながら感じてしまったのも物語に没入できない要因でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

エラソーにすみません。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/3102-22d38330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話