FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

レコードを聴く。『そよ風の誘惑』 オリビア・ニュートン・ジョン

レコードを聴く。『そよ風の誘惑』オリビア・ニュートン・ジョン


帯付き108円
オリビア・ニュートン・ジョンと云えば「フィジカル」!
の世代だけにジャケも含めこれは新鮮です。

1975年発表の『そよ風の誘惑』
知っていた曲は「そよ風の誘惑」だけでしたが、他も概ねこのような
楽曲でした。さわやかだったりカントリーフレーバーだったり。
美しく伸びる歌声とこのルックスですから日本でも売れたようです。
シングル「そよ風の誘惑」はオリコンシングルチャートで最高26位。

帯の文句は
またもや第17回グラミー賞受賞‼
最優秀女性シンガーに輝いたオリビア・ニュートン・ジョン


ビルボード誌で"A Stunningly Beaytiful Album"(気絶するほど美しい
アルバム)と絶賛された最新アルバムには全米No.1シングル「そよ風の
誘惑」「愛の告白」他話題作がいっぱい‼


にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

なんとアビーロード録音盤でした。
関連記事
tb: 0 |  cm: 7
go page top

コメント

「そよ風の誘惑」は、私が初めて購入した海外女性ミュージシャンのシングルレコードです。
ラジオで聴いたのがきっかけでした。

買った頃はコンポーネントがなかったので、叔父からもらった1960年代のモジュラーステレオで聴きました。

シングルレコードの方は、今でも手放さずに所持をしております。

ちなみにオリビアのLP盤は一枚も買わずに過ごしました。

一昨年ぐらいにホームセンターで、90年代ぐらいのアルバムの輸入中古CDが出ていたので、求めました。
300円ぐらいだったと思います。
音はそんなに惹かれなかったです。

60年代後半のミュージックライフ誌を見ていたら、理屈抜きで、かわいらしい女性が、あるバンドの写真の中にありました。

説明を見たら、オリビアの10代後半か20代前半の写真のようでした。

URL | torioden #-
2019/07/05 16:25 * edit *

triodenさん
こんばんは

「そよ風の誘惑」は思い出いっぱいのレコードなんですね。
私は世代的には「フィジカル」なので新鮮な感覚でこの曲を聴けます。
エバーグリーンという言葉が合う曲と歌声かと思います。

そしてなんといっても可愛いし、日本人がそう思うルックスなんですね。

ところで長い間コメント残せずすみません。
なかなか認証システムを突破できない状態です。
タルカス君の大きさについては良く見つけましたね。
編集の人がこっそり入れたんですかね。いい本ですなあ

URL | 面白半分 #-
2019/07/05 21:05 * edit *

私はカントリーロードの世代なんで、フィジカルは着いて行けんかったです(^^;)これはオマケですが、バナナラマがマドンナ化した時も、似たような衝撃でした。

オリヴィアはジョージの曲If Not For Youも歌ってましたよね。中学時代結構好きだったんですけど、「日本人は鯨を食べる国だからコンサートしない」つーて、来日キャンセルになった時の写真が、豪華な毛皮着てたのを見て、「大人は信用出来ん」と彼女が嫌いになったのを覚えています。今では懐かしい思い出です(^^;)

URL | yuccalina #qhVXTLRM
2019/07/12 09:15 * edit *

yuccalinaさん
こんばんは。

えへへ。
レッツ・ゲット・フィジカル世代です。

そこはおいておくとして”バナナラマがマドンナ化”って当初は違っていたという事ですか!
それは逆な立場で衝撃です。

鯨については給食でおいしくクジラ肉を食べていた自分としては
何が正しいのかいまだわからないのですが、豪華な毛皮着ていう事ではないですよねって思っちゃいます。





URL | 面白半分 #-
2019/07/12 22:32 * edit *

ファンボーイスリーのバックコーラスで

デビューしてしばらくは、脱力系バックビートで体揺らして、ヴォーカルも脱力系でした。Really Saying SomethingとかPVをようつべで見れますよ。ファッションもパンクっぽいツンツンヘアで、サラは当時デヴィッド・シルヴィアンに似てるとか言われてました(^^;)

マドンナに影響されて歌も踊りも変えたと、彼女達自身がインタビューで言ってた気がします。女性解放のシンボルとしてマドンナへの憧れがあったのかもしれませんが、どちらかと言うとヘタウマ好きな私にはショックでした。

もしかしたらオリヴィアのフィジカルも、ジェーン・フォンダの『ワークアウト』の影響かもしれませんね。

URL | yuccalina #qhVXTLRM
2019/07/13 11:30 * edit *

yuccalinaさん
こんばんは。

見ました。ツンツンヘア。
これはこれで80年代ですね。良かった。

ジェーンフォンダも画像確認しましたが笑ってしまいました!

URL | 面白半分 #-
2019/07/13 17:54 * edit *

yuccalinaさん
こんばんは。

見ました。ツンツンヘア。
これはこれで80年代ですね。良かった。

ジェーンフォンダも確認しましたが笑ってしまいました!

URL | 面白半分 #-
2019/07/13 17:54 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/3082-2a33885a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話