FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

作者不詳 ミステリ作家の読む本

『作者不詳 ミステリ作家の読む本』
三津田信三



杏羅町―。地方都市の片隅に広がる妖しき空間に迷い込んだ三津田は、
そこで古書店「古本堂」を見いだす。ある日、親友の飛鳥信一郎を伴って
店を訪れた彼は、奇怪な同人誌『迷宮草子』を入手する。その本には
「霧の館」を初め、七編の不思議な作品が収録されていた。
“作家三部作”第二長編、遂に降臨。


未解決の事件を描いた手記的な小説で構成された同人誌『迷宮草子』を
読むと怪異に見舞われ、その小説を読み推理し解決すると怪異から逃れ
られる、というストーリーです。

作中作の『迷宮草紙』の小説群とその推理を行う部分(作中内の現実)が
本格ミステリで、その外枠がホラーという凝った構造になっています。
本格ミステリの部分はかなりしっかりとしたものとなっていますが
外枠であるホラー的展開の部分が気になってしまい、なかなか集中
できませんでした。

とはいえ三津田さんだけあってここだけでもかなりの内容で
下手な他作家のミステリ短編集より上質なミステリの気がします。

しかしこれだけでないのがこの作者。
途中途中でのホラー要素を高めておき『迷宮草紙』最終作の「首の館」
でついにクライマックスを迎えます。
この「首の館」は同人誌『迷宮草紙』の作家に係るという小説です。
外枠の三津田信三『作者不詳』と内枠の『迷宮草紙』が捻じれた関係に
なり最後はこの『作者不詳』さえも・・・・。
クラクラしてきます。

本作は講談社ノベルスで出た時に読んでいるのですが、
その時はこのような小説構造を楽しむ下地がありませんでした。
今読むともの凄く面白い。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/3065-aa5d0cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話