FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

一の悲劇

『一の悲劇』
法月綸太郎



「あなたが私の息子を殺したのよ!」山倉史郎は狂乱する冨沢路子の前に
絶句した。それは悲劇的な誤認誘拐だった。犯人は山倉の子と誤って、
同級生の路子の子を拉致したらしい。しかも身代金授受に山倉は失敗、
少年は骸となって発見されたのだった。鬼畜の仕業は誰が、なぜ?
やがて浮かんだ男には鉄壁のアリバイがあった。名探偵法月綸太郎と共
にいたというのだ…。


当時、講談社ノベルスの一連の新本格の中で法月綸太郎を知り、
新本格の中ではイメージとしては暗い雰囲気だなあと感じていました。
この作品は祥伝社のノベルスで読みましたが、さらに暗い感じがして
ちょっと新本格のミステリっぽくないな、なんて当時思っていたことを
思い出しました。

数十年ぶりに再読です。
本作は家庭を持つ大人の男が巻き込まれる物語です。
子どもの誘拐殺人、不倫関係、そして一人称で語られる重い雰囲気。
ちょっと当時はキツかったようです。
今回読んでもその重い印象は全く変わらなかったのですが、
本格ミステリであったことに気づきました。
かなりの終盤になってようやく謎解きになりますが
怪しげな人物が次々と指摘されては別の解が浮かび上がりと、
かなり濃厚な展開でした。但し、”探偵が皆を集めてさて、と言い”
という状況ではなく、ハードボイルド的に展開されていきました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

真犯人は最後まで思い出せず読んでいました。
こういう形式ですから、真犯人はあの人だとずっと疑っていた人がいま
したが全然違ってました。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/3040-3db9e295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話