FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

夢印

『夢印』
浦沢直樹



多大な借金を負った父と娘が、藁をもつかむ気持ちで訪れた古い館。
看板には“仏研”と書かれている……
館内の暗がりを親子が歩き進むと、一人の男が静かに座っていた。
その男は初対面の親子に告げた。
「夢を見る人にしか、ルーヴルから美術品を拝借した話なんて、
してあげないざんす」と………“ざんす”?


その男とは、そうイヤミ!
最初から最後までうさん臭く得体のしれない男ですが
彼の人生にも物語と美学があったんだ。
このイヤミと、なにかとついていない親子の冒険譚が内容ですが
どうなっていくかわからない展開と、この親子にとって大団円となる
結末は良かった。
そして得体のしれないままいなくなってしまったイヤミのラストも
なんだか切なくてこちらも良い。

全1巻。コンパクトにまとまり充実した作品でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/3037-a56cddc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話