FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

『フォア・フォーズの素数』

『フォア・フォーズの素数』
竹本健治



人間の孤独と狂気を静かに描き出す、13編の竹本健治ワールド
誰もが一度は経験する、少年の日の孤独と別れ——。
無垢な魂が結晶した、待望の短編集が登場。


13編がトランプの記号になぞられた4つの章に分類されています。
前半の幻想的なものより後半の方が好みです。

「蝶の弔い」
直接なにも示さずに、読者には何かを想像させます。

「白の果ての扉」
なんと激辛カレーの話です。
いったいカレーなのに白って何?さらにその果てとは?

「フォア・フォーズの素数」
4+4-4-4=0
(4+4)÷(4+4)=1
と、4つの”4”と数学記号を使って数を作っていくパズルが
フォア・フォーズです。
本作は少年のこのパズルとの出会いと挑戦を描き、
実際にその解も紹介しています。
(一連の解を並べるとすごい迫力。
きっと竹本さん自身が解いていったのに違いない。)
そして最後に少年に訪れる失望。
パズル紹介でありながら物語性がある不思議な小説です。

「チェス殺人事件」
ハードカバーの『定本ゲーム殺人事件』を持っているので既読です。
天才囲碁棋士牧場智久が探偵役ですが
外部犯なしで容疑者二人とまで推理はするものの
「どちらか分からない」といって退場。

「メニエル氏病」
アンソロジー『ミステリーの愉しみ:奇想の復活』と
『ウロボロスの偽書』で既読。まさに奇想。

「銀の砂時計が止まるまで」
切ない・・・・。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2952-1dbe9dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話