FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

レコードを聴く。さだまさし『夢の轍』

毎度お馴染み108円レコードです。
1982年発表。さだまさし『夢の轍』


帯付きです。帯の文句は

さまざまの愛、女性を歌って頂点を極めた
待望久しい珠玉の名アルバム

おそらくなんですが発売時点で高評価で迎えられていた気がします。
私は当時のラジオで「前夜(桃花鳥)」を聴いただけなのですが
非常に印象に残っていました。

ジャケットは文字を前面に押し出して深みがあります。
またインナーのさださんの写真も沈鬱な表情なものが多いです。
ヒゲを生やしメガネをかけていないさだまさし。実はかなりいい男です。

「極光」
”オーロラ”とルビがふってあります。
この曲は聴いたことは無かったもののインタビュー記事で”おおぞら”
という部分のメロディについて語っていたので覚えています。
記者がこのメロディを絶賛し、さださんもメロディのついて
”降りてきた”といった旨の発言をしていました。
今回初めて聴きました。うん。何かが天から降りてきていますね。

「前夜(桃花鳥)」
桃花鳥にはニッポニア・ニッポンとルビがふってあります。
そしてこのニッポニア・ニッポンとは朱鷺のことです。

桃花鳥が七羽に減ってしまったと新聞の片隅に

で始まり以下に続きます

わかってるそんな事は たぶん
ちいさな出来事 それより
君にはむしろ明日の僕達の献立の事が気がかり


決して否定的な見方でなく、地道に普通に生きている私たちの事を
淡々と歌っているようで妙に心に残りました。


1982年当時にはわかるわけもなかったのですが
今回聴いてみてこれはポール・サイモンの「アメリカの歌」
のアンサー・ソングだと気づきました。

タイトルにはニッポンが入っている
詩の中にI'm Alrightと入っている。
またAmericaという言葉も入っている。
美しいメロディに弾き語り。
(そのギターも「アメリカの歌」に似せた部分がある)
そしてニッポンとニッポン人について歌っている。

ポール・サイモンに対する敬意の表れでしょう。

ちなみにポール・サイモン『ワン・トリック・ポニー』のインナーに
さださんは一文を寄せており、これはどちらのファンも必読の名文です。

「償い」
聴くのは初めてなんですが有名な曲です。
ある裁判の中で裁判長が被告に対しこの曲を引き合いに出したそうです。
重い内容なので詩の内容にはここではふれませんが
こういった唄でのさださんのヴォーカルは重く激しいものがあります。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

「まりこさん」はこじゃれた感じでちょっとリラックスできます。

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

さだまさし

さだまさしは、グレープも好きでしたが、雨宿りや関白宣言がヒットした頃、何度かNHKでライブが放送されると、しゃべりが面白く、LPは買わずに、歌詞とエッセイの載った新潮文庫を何冊か買いました。

「償い」も載っていたと思うのですが、何年前に歌詞が話題になるまで、この曲のことは気づかず、こんな重い歌詞も書くんだと驚きました。

グレープでは吉田がギター、さだがバイオリンなので、ギターはついでに弾く程度と思っていましたが、ポール・サイモンの特集号に、さだがインタビューで載るくらい詳しいようで、アンサーソングというもの頷けます。

今年もよろしくお願いいたします。

URL | ギターマジシャン #-
2019/01/05 23:49 * edit *

Re: さだまさし

ギターマジシャンさん
こんばんは

今年もよろしくお願いいたします

さださんのライヴはそのしゃべりが結構な割合を持っているようですね。
グレープ「三年坂ライヴ」はそのしゃべりも収録されていました。
本の方は読んだことないのですがこの面白さがあるのなら読んでみたいです

ポール・サイモンの影響は意外におしゃれなコードを多用するところにも表れている気もします。
特にこの「ニッポニア・ニッポン」はかなりサイモンっぽくないですか?
ギターフレーズはかなり「アメリカ」ですしね。





URL | 面白半分 #-
2019/01/06 17:28 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2901-4a87b7a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話