FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

レコードを聴く。よしだたくろう『今はまだ人生を語らず』

毎度お馴染み108円レコードです。
1974年発表。よしだたくろう『今はまだ人生を語らず』


「今はまだ人生を語らず」という言葉は聞き覚えがあり
なぜか自分にとって心に響くフレーズだったのですが
これがよしだたくろうのアルバム名とは知りませんでした。
よってこのレコード見かけて即買いです。


「ペニーレインでバーボン」
カラッとしてノリのいい曲です。
トーキング・スタイルの歌がカッコイイ。
ハモンド・オルガンもいいアクセントになっている。

「人生を語らず」
がなりたてて?歌うフォーク・ロック。

今はまだ 今はまだ 人生を語らず

詩が物凄く良い。


「世捨人唄」
これも前曲のようなフォーク・ロック

「おはよう」
ちょっと洒落た雰囲気もある曲

「シンシア」
カントリー・ワルツか。かまやつひろしがゲストで歌っている。

「三軒目の店ごと」
ゆったりしたカントリー調の曲調。
ピアノがかわいらしい音を出している。
キング・トーンズっぽい昔ながらのコーラスがでてきました。

「襟裳岬」
これは知っています。

悲しみを暖炉で燃やしはじめているらしい

よくこんな言葉が出てくるな。

「知識」
フォーク・ロック。バックのギターもよく、
そこへストリングがはいってくるあたり最高。

「暮らし」
がなりたて系?フォーク

「戻ってきた恋人」
リズムが面白いちょっと明るめの曲。

「僕の唄はサヨナラだけ」
サックスがフィーチャーされるなんとなく歌謡曲っぽいテイスト。
ストリングスが歌謡曲っぽさを演出か。

「贈り物」
カントリー・ロックのいい部分をあつめたような曲。
絶妙に入ってくるギターにハモンドの音色。
ハーモニカもいい味を出す。
もちろん詩、メロディ、唄は素晴らしい。

全体的に松任谷正隆のピアノとハモンド・オルガンがいい味わい。
エレキ・ギターもこれまたいい感じ。的確な演奏が心地よい。
クレジットでは石川鷹彦がエレキ。(他にもいますが)

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

折りたたまれたジャケ6面分のモノクロ・ポスターが入っていました。
これを喫茶店で張り出せばいかにも”それ”風です。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2897-ee956d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話