FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

カラ売り屋

『カラ売り屋』
黒木亮



人の弱みにこそ勝機あり。理念無き利益操作が支える「危ない株」も、
村おこしとは名ばかりの錬金術も、途上国へのハイリスク融資も、
経済の闇に蠢く魑魅魍魎にとっては宝の山だ。
金融界のまっとうな道を踏み外した男たちのカネへの執念が生んだ
熱い物語。国際経済小説の旗手が切り開いた新境地、全4篇。


こんばんは。投資家です。

カラ売りという株用語は知っていましたので手に取ってしまいました。
普段は経済小説など読まないのにです。
何か投資術のヒントになればいいかなんてさもしい考えで読みました。

当然ながら金融プロどうしの戦いを描いた小説なので
ヒントどころか何を言っているのかさえ分かりません。
しかもここで内容紹介することもできません。
(何しろ全てがわからない)

工事現場での人間模様も一部描かれた(こういうのがわかりやすい)
株がテーマの「カラ売り屋」や
小悪人を旧知の人物から追った「村おこし屋」は物語性もあり
なかなか面白かったのですが
「エマージング屋」「再生屋」までいくと専門用語が飛び交い
物語性もないのでかなり面喰いました。

しかし経済小説へのとっかかりになり、読書テーマを広げられそうです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2873-1539ddf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話