FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

レコードを聴く。グレープ『わすれもの』

グレープ『わすれもの』
毎度お馴染み108円レコードです。


帯付きレコードですので帯の文句の紹介

透明でナイーヴな世界を構築するフォーク・デュオ「グレープ」の
待望久しいファースト・アルバム


それっぽい文句ですが次が不可思議です。
通常アルバムタイトルが入る位置には大きく”精霊流し”
アルバム名は『わすれもの』のはずですがなんでこうなったんでしょう。
『わすれもの』の文字はどこにもないのです。

確かにこのLP発売時点ではシングル・ヒットは「精霊流し」のみ
だったようですが、いかがなものか。

さて、グレープはさだまさしと吉田正美のフォーク・デュオです。
1974年の本作がデビュー・アルバムとなります。

全曲さだまさし作詞作曲で、編曲はグレープだったり吉田正美だったり
さだまさしだったり、他の人だったりします。

「精霊流し」での儚げなイメージがあるグレープですが
実際はポップな曲や小粋な曲が散りばめられて聴きやすいです。

B面1曲目のデビュー曲「雪の朝」はそのイメージどうりの曲で
セカンド・シングルが「精霊流し」とこれはもう当時の戦略?

「もしかしたら君は空を飛ぶんじゃないかな?」
「魔法使いとフリージア」というポップな曲は編曲が吉田さん。
ここでの跳ねるようなエレキ・ギターも吉田さんかもしれません。


その吉田さんがメインで歌う「告解」
これはさださんとのハーモニーも美しく隠れた名曲では。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

グレープ

帯にアルバムタイトルがないというのは、シングルヒットした「精霊流し」をとにかくプッシュして、LPを売ろうというレコード会社の魂胆でしょうか。

たまたまラジオでグレープの解散コンサートをエアチェックして、「精霊流し」以外にも良い曲が多いと知り、ベスト盤代わりに「三年坂」を買いましたが、ラジオの方が良かった気がして、テープばかり聴いていました。

サイモン&ガーファンクルは、アートの歌声も見事ながら、ギターのポールが主導権を握っているのに、グレープやオフコースは、ギターの方がサブに回ってしまっているという逆転現象で、ギター好きの自分としては、何ともはやという気分です。

URL | ギターマジシャン #-
2018/12/06 21:18 * edit *

Re: グレープ

ギター・マジシャンさん
こんばんは。

帯の件ですが待ちに待ったヒット曲のようですから
「精霊流し」推しでいったんでしょうね。
初回プレスの帯かどうかはわからないのですが
帯裏側のお知らせエリアにはグレープ関係の作品がでてこないので
いずれにせよ初回に近い段階での帯のようです。
とにかく「精霊流し」の文字がおおきくてなんか可笑しいです。

ギターの件ですが確かにそうなんですよね。
イメージとしてはギター弾き語りデュオだったんですが
いざ聞くとスタジオミュージシャンの高い演奏力とストリングスが目立ちますね。
ポール・サイモンで言えば「時の流れに」以降の感じです。
ギターだけでみるとサブにまわってますね。


URL | 面白半分 #-
2018/12/06 21:56 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2872-d2cf4dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話