FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

レコードを買う。大漁です。

久々にハードオフへ行ってレコード棚を漁りましたが大漁です。
全て108円です。

グレープ『わすれもの』帯付き
グレープ『コミュニケーション』帯付き
さだまさし『随想録ライブ』帯付き
さだまさし『夢の轍』帯付き
井上陽水『陽水Ⅱセンチメンタル』
よしだたくろう『今はまだ人生を語らず』帯付き
ゴダイゴ『西遊記』

これだけでも大収穫なのに

どんっ。
ジュリアン・レノン『Live at L.A.』
NOT FOR SALEって書いてあるし色は真っ赤な盤です。
いったいどんなところから出てきたレコードなんでしょう。
『ヴァロッテ』の頃のライブ盤のようです。

さらにどんっ。
ジェネシス『フォックストロット』
参りました。帯付き美品です。
まさかプログレ名品が手に入るとは。
誰が放出したかも気になりますが、
ジャンクレコード扱いしたお店に感謝しつつも、
それはそれで問題がある気もする。
1977年の再発盤のようですが帯もいい味を出してます。
壁に飾っておきたい。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

多分、実際に聴く事より買う行為が楽しい。

関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

フォックストロットの帯¥1500-盤は、
出た頃に購入したものがありますが、
現時点で、1977年盤が、お安く入手できるのであれば、
ラッキーですね。

ジュリアン・レノン、出た頃はけっこうメディアにも取り上げられましたが、今はどうしているのでしょう。
プロモ盤で赤レコード。
69年前後の静電気対策のための赤レコードと違い、
くすんだ色の赤ではなくて、真っ赤な色なのでしょうか?

URL | torioden #-
2018/11/26 11:03 * edit *

Re: タイトルなし

triodenさん

フォックストロットは見つけた瞬間、我が目を疑い、
なぜかあたりを見渡してしまいました。
なんか悪いことをしているような気にさえなりました。

赤レコードですが
静電気対策のための赤レコードってものがあることを初めて知りました。
さすがtriodenさんです。
色は透明なくすんだ赤です。
結構厚みと重量がありました。
これってどうなんでしょうね

**********************
ブログを訪問しコメントしようとしているのですが、
認証でひっかかってしまっています。
(円がくるくる回る表示がでてそれが消えず、そこから進まない状態です)
検索してみるとreCAPTCHAはこういった問題が多いようです


URL | 面白半分 #-
2018/11/26 21:06 * edit *

『フォックストロット』が帯付き美品で108円ですか・・・いやあ、あり得んでしょうw 桁が一桁増えててもお買い得感有り(1080円でも自分だったら買うかも)。二桁増えてても納得しますね(これは買いませんけどw)。まあ、売る側からしたら、商売下手だなあという感じですw

赤色のレコードですが、中学生時代の友人のお兄さんが持っていた古~いビートルズのレコード(『Help!』とか)が、透明な赤色をしていました。あれは静電気対策だったんですねえ。私も初めて知りました。てっきり製造原価低減目的の廉価版だと思っていましたw

URL | 実験鼠 #Xh3M41c.
2018/11/27 01:05 * edit *

Re: タイトルなし

実験鼠さん
こんばんは。

いやあそういっていただいて嬉しい限りです。
嬉しさついでに帯の文句を書いておきます。
おつきあいください。

壮大なスケールでくりひろげられるジェネシスのロマンの世界はこのアルバムで一つの完成を見せた!
他のプログレ・グループを頭2つリードする存在との評価を得た初期の最高傑作!


赤色の方はそういう考えがあるなんて全く気付きませんでしたよね。

ところでアナログ視聴の方はどうですか?
あえて時間を取らないと聴けないかもしれませんが・・・。

URL | 面白半分 #-
2018/11/27 21:28 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2862-a8421416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話