FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

イリュミナシオン 君よ、非常の河を下れ

『イリュミナシオン 君よ、非常の河を下れ』
山田正紀



内戦に揺れる東アフリカの国家サマリスの国連領事、伊綾剛に
突然与えられたのは、「アルチュール・ランボーを捕獲するため
『イリュミナシオン』へ向かった『反復者』を追って、『非情の河』を
下れ」という任務だった。
人類の理解を超越した侵略者との戦いを、
ランボーの詩に乗せて華麗に奏でる、幻想ハードSF!


『カオスコープ』『サイコトパス』と続いてまたまた山田正紀。

しかし書かれている内容が理解できない。
ストーリーも個々のエピソードも何が何だかわからなくなってます。

詩人ランボーの詩やエピソード
そして量子理論
をベースに作られたようです。

イリュミナシオンとはもともとランボーの詩集の名です。
断片的な詩集の内容と断片的に時間と空間が繋がる量子論的な世界。
ここら辺のことの物語のようです。
いや違うかもしれません。
難しかったです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

未読ですが、西村寿行の「君よ憤怒の河を渉れ」ネタも入っていそうですね……。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2018/11/20 01:02 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

この書名を見たとき漠然と何かのタイトルと似ていると思ったのですが
それが西村寿行の「君よ憤怒の河を渉れ」だったんですね。

私は「君よ・・・」は読んでいなく、どういった仕掛けをしたかわかりませんが
特にあとがきでも本作には触れていなかった気がします。

URL | 面白半分 #-
2018/11/20 20:46 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2857-18e20444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話