FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ポップ中毒者の手記(約10年分)

ポップ中毒者の手記(約10年分)
川勝正幸



1996年刊、初の著書にして、ロング・セラーになった
ポップ・カルチャー・コラム集。好きだけじゃ終わらずにシーンの中に
身を投じながら、細かい気配りが利いた取材をし、
濃密なデータ&ユーモアを原稿に詰め込む独特なスタイルで、
はっぴいえんどから渋谷系時代のアーティスト、デニス・ホッパー、
セルジュ・ゲンスブール、勝新太郎、ディヴィッド・リンチなどを描く。


昔「ニッポンTV大学」という番組があり、
そこに川勝さんが出演されていた。
出演というより、コントとコントの間にちょっと映るという程度。
そのなんともいえぬ容姿に、竹中直人さんが「誰だお前は」、
といったツッコミをいれる。そんなパターンだった気がする。
そんな事でウッディ川勝こと川勝正幸さんを知ったのでした。

川勝さんは
いかにも、何だお前はとツッコミを入れられるような容姿で
まさしく私も当時そう思っていたのですが
今の目で見れば
メガネ+薄毛の”クリエイター”は皆あの時の川勝さんっぽい。
そしてそれがおしゃれに見えてしまうのです。

さてそんな川勝さんのコラム集ですが、
時代の先端をいく音楽と笑い等のカルチャーを自らの交友関係を踏まえ
紹介するやはり時代性のある内容になっています。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2853-55bcc527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話