FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Junction 運命の分岐点

『Junction 運命の分岐点』


毎度お馴染み日本推理作家協会編ミステリー傑作選で、
2011年に発表された作品のアンソロジーです。


瀬戸内出身の主人公宛てに届いた同級生からのハガキ。
父の失踪、亡き母の慟哭の「真実」を知る湊かなえ『望郷、海の星』。
自殺志願者が集まる宿で見つけた書きかけの遺書。
その書き手を突き止める米澤穂信『死人宿』。
弟分が「賭け金がない」と泣きついてきた。
騙し合いの快作、両角長彦『この手500万』。全6篇収録。


収穫は
『この手500万』(両角長彦)
危ない世界を生きているらしい男、半崎の活躍を描いていますが
めっぽう面白い。冒険小説、ハードボイルド系でユーモア味もあり。
短編集にまとめられているようなのでこれは探さねば。

『オンブタイ』(長岡弘樹)
交通事故で部下を死なせ、自らも視力を失った男の物語です。
自分勝手な男ですが、介護員のヘルプで生きていく気力を取り戻し
いい話としてまとまると思っていたら・・・。
この作者の作品を読むのはアンソロジーで2作目ですが前作も良かった。
やはり個別に短編集を買ってみようかな。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

音楽(業界)小説の、杉井光「超越数トッカータ」も良かった。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2852-c72e3c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話