FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ホワイト・アルバム!



発売50周年記念盤でまたまた盛り上がるビートルズ。
1068年11月22日に発表された2枚組アルバム『ザ・ビートルズ』。
通称「ホワイト・アルバム」です。

『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の
カラフルなジャケットの後のこの真っ白なジャケット。
当時の人はどんな心境でこのアルバムを買ったんでしょうかね。
2枚組で買うのを躊躇した人もいるでしょうし、
この真っ白さに不安を抱いた人も多かったんかないでしょうか。
”ホワイト・アルバム”なんていう愛称で後に呼ばれるなって
本当に当時の人たちは思ってもみなかったんじゃないのかな。
(いつからこの愛称が広まったか知りたいです)

さてリミックスが施されたこの50周年盤。今日11/9日が発売日です。
ネットで購入しましたが今日届きました。
嬉しい。


早速聴きましょう。

まずは「バック・イン・ザ・U.S.S.R」
ドラムがクッキリとしておりシャープな印象です。
結果として他の楽器も音が明確になっています。
ベースはこんなに図太い音だったのか。
立体感がでてきて音空間が広がった感じ。

続く「ディア・プルーデンス」
これも音空間が広がり特に後半の各楽器が少しづつ絡んでいく部分が
素晴らしい。

「グラス・オニオン」
いままで聞き漏らしていたギターの音が聴こえた。
またストリングスはより不気味さに拍車がかかる。
これこそビートルズ・サウンド!

といった感じなんですが、リミックスという言葉にまどわされて
特に変化がない部分も変化したように聴こえているかもしれません。

「レボリューション1」はコーラスが強くなった感あり
「クライ・ベイビー・クライ」もそんな印象。
さらに途中で”ういんういんういんういん”とベースらしき音が入る。
これはちょっとやりすぎだあ。

思えばホワイト・アルバムを通しで聴くなんて久しぶり。
実は”リミックス”なんて事より
途中から単純に大好きなロック・ミュージックとして聴いていました。

50年前ワタクシはゼロ歳。
この年の作品を新譜として聴くというのはなんか不思議な感じです。






今回の50周年記念盤の目玉はリミックスと”イーシャー・デモ”
ホワイト・アルバム・セッションに入る前にジョージの自宅で録音
されたデモ・テープです。75分も収録されています
これはちょっとこれから聴き込んでいくので今日はこれでおしまい。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

それにしても50年前このアルバムを作ったアーティストの一人は
今だ第一線で活躍し昨日も名古屋公演を行っている。
何という事だ!

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2849-e21635dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話