FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

一行怪談

『一行怪談』
吉田悠軌



穂村弘氏、推薦!
たった一行なのに、怖い。
想像力が喚起され、不思議な怖さが込み上げてくる怪談を二百近く収録。
じわじわと想像力を刺激される、まったく新しい怪談集。

【一行怪談凡例】
・題名は入らない。
・文章に句点は一つ。
・詩ではなく物語である。
・物語の中でも怪談に近い。
・以上を踏まえた一続きの文章。

◎内容例
今まさに電車が迫る線路上に、
物欲しげな目つきの人々が立っていたので、
踏み切りに身を投げるのは止めにした。

寝る時に必ず、
洗濯機を回し続けることだけは忘れないよう願いますが、
それさえ守ればたいへんお得な物件だと思いますよ。

世界中あらゆる料理を食べても、
いまだ思い出の味に辿りつけない彼には、
産まれなかった双子の片割れがいるそうだ。



といった内容です。
人によってなにかゾワゾワと感じる作品は異なってくると思います。
例えば解説で穂村さんが選んだ作品に私は何も感じなかったり、
逆にそれ以外で、うっ、これは・・・って感じの作品があったりします。
決してオチをつけているわけではないので、
読後、自分なりに消化させないと面白くはないかもしれません。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

真似してこのルールで創作してみたくなります。
でもなかなか思いつかないものです。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2846-e0d86151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話