FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

マリガン・ミーツ・モンク

『マリガン・ミーツ・モンク』
マリガン・ミーツ・モンク+4


ウエスト・コースト・ジャズの立役者にして
バリトン・サックス奏者の最高峰として知られるジェリー・マリガンが
セロニアス・モンク・トリオと異色の共演を実現させた一枚。
どちらも個性的な演奏に定評があるだけに、
互いの持ち味を損なうことなく丁々発止としたやりとりが
最初から最後まで繰り広げられる。


という事で1958年の録音です。

実は本作、
ドナルド・バードの『ファンシー・フリー』を中古で買ったら
中身が違ってこれだった、というモノです。

まあ同じジャズだし許しますよディスクユニオンさん。

なにしろそんなわけでライナーノーツもなく中身がわからないので
ネット検索です。
ピアニスト・モンクを主とした聴き方をする人、
サックスのマリガンを主として聴く人、といろいろいました。
互いのスリリングなやり取りこそが聴きどころでしょうが
初心者の私としてはそういったことは抜きにして、
むしろ愉しくリラックスして聴けるような音楽でした。

↓Round Midnight


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

さてサックスの方ですがアルトでなくバリトン・サックスという
あまりお馴染みではないサックス。(音域が低い)
この豊かな音色に親しんでいきたい。



関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

この二人の共演ってのも何気に意外というか、凄いですね。
例えるならジェームス・テイラーとフランク・ザッパが共演しているようなw

通して聴いてないので、どんな作品に仕上がっているのか分かりませんが、接点がほとんどないように感じるので、マリガン軸とモンク軸で聴き方が分かれてしまうのも解る気がします。

URL | 実験鼠 #Xh3M41c.
2018/10/27 09:15 * edit *

Re: タイトルなし

実験鼠さん
こんばんは

JT×ザッパ・・・これはないな。
思いつきもしませんなあ。強烈。

そうなんです。
軸(これも巧い例えですね)が違った聴き方のレビューが多いようでした。
私は軸がブレブレなのでいい塩梅に聴こえているのかもしれません。

URL | 面白半分 #-
2018/10/27 22:39 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2832-8a10c935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話