FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

本棚探偵の冒険

『本棚探偵の冒険』
喜国雅彦
本棚探偵の冒険 (双葉文庫)


「傷だらけの天使たち」「日本一の男の魂」などの著作で知られる
マンガ家・喜国雅彦。その一方、古本マニアとしても超有名人である。
その彼が古本にまつわるエピソードを独特な語り口とイラストで表現。
造本も彷彿とさせる仕様。


↑造本も彷彿とさせる仕様って何?なんかよくわからない紹介文ですね。

さて探偵小説と古本に憑かれた喜国さんの本棚探偵シリーズの1冊目。
もうすべてが楽しいです。
内容が面白い上に実は技巧的といってもよい文章。
上手いとしか云えないボケもありいろいろマネしたい。
また本人がそうと書いていますが伏線をいろいろ張ったりしています。

さて内容の方は
江戸川乱歩邸訪問
角川文庫横溝作品蒐集
目録買いで散財
函を作る

などなど面白い話のみでつまらない話がないところが恐ろしい。
本好きにはたまらない話です。

特に良かったのが本棚の本の並べ方の話。
他人の本棚に本を並べるために遠出し、
本人のいない間に自分好みの本棚に並べ替えてしまう
これは楽しそうだ。
ちなみにここで並べ替えられてしまったのは我孫子武丸さんだ。

もともと安孫子さんは著者別に並べる派
喜国さんは出版社ごとに並べる派

私も出版社毎に並べ替えたいがそもそもそれだけ収納する本棚がない。

書斎(兼オーディオルーム)が欲しいが
家を建てる
土地を買う
とかなり険しい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2776-7ca0890f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話