FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

オカルト

『オカルト』
森達也
オカルト  現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ (角川文庫)


数年ごとに起きるオカルト、スピリチュアルブーム。
繰り返される真偽論争。何年経っても一歩も進まないように見える世界。
なぜ人は、ほとんどが嘘だと思いながら、
この世界から目をそらさずに来たのか?否定しつつ惹かれてしまう
「オカルト」。―いま、改めて境界をたどる。


これは面白い本でした。
もともと森達也ファンなのと興味ある内容なので。

オカルトに関する人たち(超能力者、科学者、からメンタリスト等)
に話を聞き、そこから何かを得ようとすれば違う考えにたどり着き悩む。
そう。いつもどうりの森達也。

オカルトは、
そこに存在するようだがいざ検証しようとすればその現象は起こらない。
この本では「見え隠れ現象」と呼んでいますが
この現象自体が森達也っぽい。

超能力、UFO、心霊等の専門家から科学者、ジャーナリストまで
幅広い取材力で執拗なまでに聞きこむスタイルは
相変わらず読んでいて心地よいし、
ここで紹介されるオカルト現象も
ちょっと他では聞かないような面白いネタがあって興味が尽きない。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

あたかも現象自体に意識があって見え隠れしているようだ
という発送は非常に面白かった。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2692-9c1772f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話