09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

悪魔の手毬唄

『悪魔の手毬唄』
横溝正史
悪魔の手毬唄 (角川文庫)

金田一耕助ファイル全22冊
「八つ墓村」
「本陣殺人事件」
「獄門島」
悪魔が来りて笛を吹く」
「犬神家の一族」
「人面瘡」
「夜歩く」
「迷路荘の惨劇」
「女王蜂」
「幽霊男」
「首」
悪魔の手毬唄」
「三つ首塔」
「七つの仮面」
悪魔の寵児」
悪魔の百唇譜」
「仮面舞踏会」
「白と黒」
悪霊島(上)」
悪霊島(下)」
「病院坂の首縊りの家(上)」
「病院坂の首縊りの家(下)」

ですが、なぜか有名でありながら”手毬唄”だけ手に入りませんでした。
ずっと悶々としていましたがようやく入手できました。

しかし読み始めてから4週間たってもまだ読み終えていません。

どうしちゃったんだろう。自分。

読んでて全然頭に物語が入ってきません。

あまりに多くの登場人物で誰が誰だかもうわからない。
岡山弁もいつも以上に派手でわからない。
なかなか事件が起こらない。

いったん読むのを諦めます。今回はどうも調子が合わない。

しかしレビューを見ると異様に本作は評価が高い。
読まないのは勿体ない。

すべて忘れて一年後くらいに改めて読む事とします。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


しかし横溝先生、かなりの悪魔好き
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2531-41e789fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話