10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

トレント最後の事件

『トレント最後の事件』
E・C・ベントリー
トレント最後の事件 (創元推理文庫)
トレント最後の事件 (創元推理文庫)


アメリカ財界の大立者巨人マンダースンが別邸で頭を撃たれて即死した。
その結果、ウォール街の投機市場は旋風のような経済恐慌にみまわれ、
大混乱をきたした。重要な容疑者は美貌の未亡人であった。
敏腕な新聞記者ですぐれた画家であるトレントは怪死事件の解決に
出馬する……
前世紀の推理小説から大きく前進した、現代推理小説の先駆。


1913年発表のこの有名な作品ですが、
情報としては知っていましたが読んでいませんでした。
そして3つの思い違いがあったことに気付きました。

トレントは中年のダンディな警部である。
重苦しい雰囲気である。
面白くない。

全く違っていました。
まずトレントは若いおしゃべりな画家でこういう事件解決で実績あり。
そんなわけで堅苦しい雰囲気もない。当時人物は皆饒舌。
軽くはないがそのユーモア加減は英国っぽい。

なにしろ本作はチェスタトンに捧げられたということで
お遊び要素満載なんですね。

推理小説に恋愛要素を持ち込んだ、云々が本作で語られますが
この部分は見事構成の妙となっており
解決部分に複雑さと斬新さを与えています。

面白かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


本作はトレント初登場の作品ですが「最後の事件」です。

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

あれは絶対作者、ミステリをおちょくるつもりで書いてます。

タイトルからして「トレント最後の事件」って、ギャグだろ!(笑)

ミステリとしてのお約束を破りまくる登場人物たちに、

迷推理を語って大外れする名探偵。

とどめは犯人に「いやー負けました、もう探偵なんてしません」と言ってしまう名探偵(笑)

アントニイ・バークリーの先駆的作品といえる実験的なミステリ・パロディだと思います。(^^)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2017/07/23 06:28 * edit *

ポール・ブリッツさん
こんばんは

予想外の面白さでした。
”恋愛”との融合という側面でなんとなく避けていたのですが
そういう人も多そうですね。
(この部分では大成功だと思います)

いわれる通り”実験的なミステリ・パロディ”な部分も面白いので
そういう捉え方で紹介すれば本作はもっと読まれるかもしれませんね


URL | 面白半分 #-
2017/07/23 08:20 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2464-a6027a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話