06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

英国風の殺人

『英国風の殺人』
シリル・ヘアー
英国風の殺人 世界探偵小説全集 (6)
英国風の殺人 世界探偵小説全集 (6)

国書刊行会の世界探偵小説全集の6番です。

1951年の作品で英国名門貴族の屋敷で起こった殺人事件を描いています。
典型的な執事がでてくるあたりで英国っぽさを感じます。

雪に閉ざされた空間、集まった人々の関係性。
ただ一人の部外者が探偵役(結果的に)となります。
古典的な探偵小説のフォーマットが心地よい。

ミステリでありながら推理の要素は少なく、
さらに真犯人の決め手となる推論もかなり弱い気もしますが
英国的な雰囲気が楽しめて良かったです。

動機はその英国のある仕組みならばこそ、なのですが
へえそうなのかと感心しました。
別にアンフェアではではないと思います。

しかし国書刊行会のこのシリーズ。
装幀が素晴らしい。
中身よりも本そのものの良さに惹かれています。

英国ということで
English Tea



にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

国書刊行会のシリーズでもこれは未読ですなあ。

個人的にはあのシリーズのベストは「空のオベリスト」ですね。ごくあたりまえな密室殺人事件にとんでもない結末が待っていて、その結末に首をひねりながら巻末の「手がかり索引」をチェックしていくことで初めて作者のやりたかったことがわかる、というマニア向けミステリ。

いやー背負い投げ食らいましたよほんと(^^)

クリスピンやイネスが読めるのもいいですが、

なにげに「国会議事堂の殺人」も好きです。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2017/07/23 06:54 * edit *

Re: タイトルなし

何を基準に選んでいるのかわからない世界探偵小説全集ですが
面白そうな作品ありますね。

「空のオベリスト」は要チェックのようですね。
アマゾンでレビューみましたが
ますます気になってきます。(おしなべて高評価でした)
「手がかり索引」がよさそうですね。


”国会議事堂~”は、”殺人”でなくて”死体”でしょうか
国会議事堂の殺人で検索したら斎藤栄さんが出てきました!?

URL | 面白半分 #-
2017/07/23 09:01 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2461-3480b5d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話