08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

巨船べラス・レトラス

『巨船べラス・レトラス』
筒井康隆
巨船ベラス・レトラス
巨船ベラス・レトラス


売れさえすれば作者を潰したっていいというのか。
人間を使い捨てにする企業の論理か。
そんな若いやつの小説、受賞した時だけその受賞した本が売れるだけの
ことじゃねえか。
今の状況がなんでも正しいというんなら、
なんでもうすぐ世界が滅びるってことを認めて、それを書かないんだ。
それが現在の文学者のやるべきことじゃないのかい。
現代日本文学の状況を鋭く衝く戦慄の問題作。


裏表紙の
出版界騒然!文壇慄然!読者は呆然!
にグッときました。

2007年の作品ですが、全く知りませんでした。
断筆宣言(もはや知らない人も多いのでは)以降の作品とは
結構疎遠だったので・・・・。

小説(ここではエンターテインメントとは区別)、出版界、作家
をテーマにした作品です。

実験的手法を何度も使用してきた著者だけに、
句点がやけに少ない文章。
人物視点転換でも行を開けない。
登場人物の作家とその作家の小説内登場人物が共存。
「筒井康隆」も登場。
なんてものに驚いてはいけません。

しかしなんだかわからない面白さと小説論があり面白かった。

(売れない)同人誌作家による出版界への恨みつらみ。
ベテラン人気作家達や出版関係者の前衛小説へ想い。
なにやら深いものがありそうですが本作自体は読みやすかったです。

しかし後半の「筒井康隆」の登場とその目的はすごい。
なんなんだあの部分は。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


登場人物の説明に

ホラーを革新的に脱臼させて人気絶頂の作家

とあるがこれも脱臼モノの表現だ。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2459-6cb1cf61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話