08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ほぉ…、ここが ちきゅうのほいくえんか

『ほぉ…、ここが ちきゅうのほいくえんか』
てぃ先生
ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか
ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか

以下すべてこの本の”商品説明”ですが、
その中の2つの例で感覚がわかるでしょうがとてもいい内容です。


フォロワー18万人超え! !
保育園児とのやりとりが“かわいすぎる! "と話題の
てぃ先生、初の書籍! 早くもメディアで話題沸騰!

子どもたちの鋭い視点にハッとさせられることってありませんか。
でも保育園では、それが日常茶飯事。男性保育士である著者は、
そんな子どもたちの感性豊かな言動をメモしていました。
それをSNS、ツイッターで紹介しはじめ、あっという間に大人気に。
例えばその投稿は……



男の子(4歳)が段ボールで剣を作って「せんせい! みて! 」
と見せてくれたので「おぉ、すごい! 誰をやっつけるの?」と聞いたら
「だれを やっつけるんじゃない! だれを まもるかだ! 」と答えた。
僕は何だか恥ずかしくなった。その気持ち大切にしてほしいな。



女の子(5歳)に「せんせい、どうしたら おとな になれるの?」
と聞かれたので「うーん…20歳になったらかなぁ」と答えたら、
そばにいた男の子(5歳)が
「『こどもになりたい』と おもったら じゃない?」
と素敵な答えを言った。本当にそうかもしれない。



ほかにも、「どうしてそう捉えた?」という笑えるエピソードから、
涙腺が緩んでしまうかわいらしいエピソード、子どもならではの考え方に
ハッとさせられる言葉まで、今年、もっとも笑顔になれる1冊の登場です!



にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


こういうのも読むのです。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2458-7d1a6bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話