09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

作家の収支

『作家の収支』
森博嗣
作家の収支 (幻冬舎新書)
作家の収支 (幻冬舎新書)


著者は19年間で15億円!

作家は、どれだけ儲かるか?

誰も書かなかった小説家の収入の秘密と謎を、
余すところなく開陳した前代未聞の1冊。

・あなたは小説家の文章がいくらで売れる知っているか?
・僕は1時間で6000文字(原稿用紙約20枚分)を出力する。
・傑作も駄作もエッセィも原稿料はあまり変わらない。
・人気作家の人気とは「質」ではなく、あくまで読者の「量」のこと。
・印税はふつう10%だが、交渉次第で数%上がる。
・1冊も売れなくても印税は刷った分だけ支払われる。
・これといったヒットもないのに、
いつの間にか「Amazon 殿堂入り作家20人」に!



どのくらい印税が入るのか。
雑誌掲載時はいくらもらえるのか
アニメ化の場合は?
テレビドラマ化の場合は?
講演料は?
インタビュー受けると?
など下世話な話題で埋め尽くされた本です。
なかなか作家の方はこの話題に触れないのでしょうが
森さんはばんばん開陳しています。

森さんは恐ろしい事に、作家は割のいい商売だ、なんていっています。
時給に換算するとものすごく高いらしい。
また経費もほとんどかからないらしい。

しかしそれは森博嗣さんだから出来ることなんでしょう。
まず1時間で6,000文字出力、というところが尋常でなく
しかもそれは書きたいことが映像化されて頭の中にあるかららしい。
普通の人が考えに考えて書くところを、森さんはそのロスがない。

凄い人としかいいようがないですなあ。

本人は自慢しているつもりはないのでしょうが、
結果的には大自慢大会の内容でもあります。

面白く楽しい本でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


だけど、何か書きたいものがあるわけじゃなく割がいいから作家、
という捉えられ方をされても仕方ない気もする。
(それは凄い才能ですが)

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2450-5e633dc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話