09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

せどり男爵数奇譚

『せどり男爵数奇譚』
梶山季之
せどり男爵数奇譚
せどり男爵数奇譚


ある種の人間にとっては、本は魔物だ。
これに魅入られたら、もう逃れようがない。
知られざる古書の世界の内幕と書物に魅入られた人間たちを描く、
超異色ミステリー。


せどりとは古書を転売して利ザヤをかせぐこと。
本の背の部分を見て取る、ところが語源のようですが諸説ありそうです。
本書は『ビブリア古書堂の事件手帖』で取り上げられました。
私もこれで初めて知って以来ずっと気になっていました。
そして古書の町、神保町で3冊500円の中で発見し嬉しかったです。

初出は「オール讀物」昭和四十九年一月号~六月号(1974年)
同年、桃源社より単行本化
私が見つけたのは1995年の夏目書房版です。

↓この装幀がいい。
せどり男爵数奇譚

せどり男爵をあしらったクセのある表紙絵
昔の本っぽい味のある書体
全体のくすみ加減

1995年ですから最近の本ですがもっともっと古い雰囲気があります。

さて内容はせどり男爵こと笠井菊哉が遭遇した古書にまつわる事件を
6話収録しています。

古書につかれた人たちの異様ぶりやせどり師の駆け引きなどが描かれ
とても面白い。皆、怪しくうさん臭い。
最終話は古書でなく装幀家の話だがこれは強烈でした。
なにしろ人間の皮膚を使用した装幀の話。

例えば、ブックオフで安く本を購入して
アマゾンで高く転売することもせどり、と呼ぶし、
彼らを”せどらー”なんて呼んだりしますが
せどりとはそんな軽いものではなーい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

とりあえず「セドリー・オン・ザ・ロックス」で一杯やりましょう(笑)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2017/06/24 00:03 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

「セドリー・オン・ザ・ロックス」を傾けながら
せどり男爵の話に耳を傾ける・・・・。
そうなったらぞくぞくするような話ですね。

しかしポール・ブリッツさん
こういう小道具も覚えているとはさすがですね。

URL | 面白半分 #-
2017/06/24 17:24 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2445-f5bc25fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話