10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

動く家の殺人

『動く家の殺人』
歌野晶午
新装版 動く家の殺人 (講談社文庫)
新装版 動く家の殺人 (講談社文庫)


青年探偵・信濃譲二シリーズ
青年探偵はなぜ殺されなければならなかったのか!?「家」シリーズ完結! 傑作本格推理第3弾

名探偵・信濃譲二は、とある小劇団にマネージャーとして参加し、
万能ぶりを発揮し始める。だが、特別公演
「神様はアーティストがお好き」の初日、惨劇の幕が切って落とされた。
次第に疑心暗鬼になっていく団員達。6年前の稽古中の死亡事故と関係が?
信濃が命をかけて謎解きに挑む、傑作本格推理第3弾。


『長い家の殺人』『白い家の殺人』に続く3作目『動く家の殺人』。
歌野晶午の初期の作品群ですが、すでにオーソドックスなミステリから
逸脱しつつあります。

あれやこれやタイトルや紹介文やいろんなところにひっかけがあります。

「家」シリーズ3作と前日譚『放浪探偵と七つの殺人』で
信濃譲二シリーズは終わります。

本作はシリーズ名探偵モノ、というミステリのフォーマットからの決別
というテーマで書かれたんですね。
新装版での著者による前書きと霧舎巧さんの解説に詳しい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2444-51684ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話