05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

もたない男

『もたない男』
中崎タツヤ
もたない男 (新潮文庫)
もたない男 (新潮文庫)


断捨離ブームの中、これほどモノを捨ててしまう男はいない。
あの『じみへん」の作者である 漫画家・中崎タツヤは
「捨てなくても捨てられない」どころが「捨てたくてたまらない」。
結果、部屋には何もなく、いつでも引っ越しOK。
常に無駄なものはないか考えている。
捨ててみてたじめてわかる大切なものがある。
人はどこまでモノをもたずに生きられるのか?


まず冒頭の仕事部屋の写真に驚く。
通常”何もない”といっても何かあるが本当に何もない。
自作の枕と机と椅子と漫画を描く道具だけだ。
あと、掃除機と洗剤と歯みがき道具くらい。
入居前の状態でにしか見えない。

中崎さんはムダがある状態がお嫌いなようで何でも捨てる。
ボールペンもインクが減るとその分をわざわざ短く加工して使用する。
本も2,3ミリ分読んだらちぎって捨てる
そしてその分をやはり手を加えて本の形に整える。(図解あり)

本人も語っているようにわざわざ捨てるモノを探している。
単なるモノではなく部分単位で探しているところがオソロシイ。
バイクのフェンダーも不要に思えるとバラシて捨てる
机も長いと思えば切って捨てる

買い物してもムダなので袋もレシートも貰わないででそのまま持ち帰る。
(万引きと間違えられたそうです)
2個一組の糊も一つあれば十分なので買ってすぐ捨てる

到底マネできない境地ですが
なんだか読んでてスッキリしてしまいました。

”片づける”事に対しメッセージ性がないところもイイ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


本は自著でも捨てる中崎さん。
きっとこの本も捨ててしまっているんでしょう。

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

この人強烈ですよねー(笑)
本屋さんでの出来事は、カバーいらない、袋いらない、レシートその場で捨てて警備員さんに捕まったっていうww
レジの人が覚えていてくれて助かったので、とりあえず店を出るまではレシートは持つようにしたんですよね(〃ω〃)
私も無駄なものは持ちたくないですが、さすがに本を破るのは無理なのでこの域まではたどり着かなくてもいいと思ってます(^^;)

URL | igaiga #-
2017/06/12 09:15 * edit *

Re: タイトルなし

igaiga さん
こんばんは

お読みになっていたんですね。
確かにこれは捕まる状況ですよね。
例えいらなくてもその場で捨てなくとも、と思ってしまいますが
中崎さんは違うんですよね。凄い人です。

igaigaさんは
さすがにこの域まではいかずとも多少は捨てたい誘惑があるのでしょうか。
エスカレートしてしまわぬようお気を付けください。


URL | 面白半分 #-
2017/06/12 21:08 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2437-12c2cace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話