07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

復活するはわれにあり

『復活するはわれにあり』
山田正紀
復活するはわれにあり
復活するはわれにあり


余命を宣告された、車椅子のワンマン経営者・権藤。
ジエイゾと名乗る者に拉致され、男が所有する大型船「南シナ海号」に
乗船することになった。
船はハイジャックされ、権藤は人質となってしまう。
犯人の背後に蠢く得体の知れない陰謀を感じつつ、超ハイテク車椅子
(サイボイド)と共に果敢に立ち向かう。
海上を舞台とした、著者久々の冒険小説!


2008年から2009年にかけて「小説推理」に連載されたものを
大幅加筆、訂正したとのこと。2013年出版です。
著者自身、久々の冒険小説、ということで気合が入っていたようです。

舞台は現代ですが、超ハイテク車椅子が近未来SFっぽい設定です。
この車椅子と、病気により全身麻痺に近づきつつある主人公だからこそ
の戦いを描く冒険小説となっています。

SF的な設定の部分はなんとなく滑稽に感じるところもありますが
熱い男たちの人物描写はさすが山田正紀さん。
適役だろうがなんだろうが実に魅力的です。
本作では”ねずみ男”的位置づけの稲原がいい!

物語の背景として
金融工学、グローバル資本主義、なんて出てきて
2008年のサブプライムローン危機、リーマン・ショック以降の物語です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2432-8eded0ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話