06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

神保町が好き

たまに行く東京。
田舎者は結局神保町古書街に向かいます。


まずは御茶ノ水駅前ディスクユニオン。
サージェント・ペパーズ祭り直前であり関連グッズも売ってます。
でも保留。
リミックス盤自体は後で購入考えます。
通常版か2CD版か1万以上のヤツか。 
それにリミックスって何?
何か余計な事しでかしていないのか。心配だ。

でもせっかく来たので
ゴングの『ユー』ポール・マッカートニーを2枚購入しました。

さていよいよ楽しい古書巡り。

まずは三省堂古書館。
全国各地の古書店の出張販売コーナーみたいな感じですが
何しろ敷居が高くない。入りやすい。
特に「ジグソーハウス」というお店が出品している本は欲しいのばかり。

というわけで「ジグソーハウス」からは

『襲撃のメロディ』(山田正紀)ハヤカワ文庫
『氷河民族』(山田正紀)ハヤカワ文庫(帯付き)


ともに380円。
かなり古い本(昭和51年)でその古さはカバー絵にみてとれます。
山田正紀作品でも最初期の作品でなかなかお目にかかれない。
『氷河民族』に至っては、後にハルキ文庫で復刻した際は
タイトルが『流水民族』になったらしい。
この辺の事情はハルキ文庫を見つけなきゃわからないんだろうなあ。

さらに大好きな「ふしぎ文学館」シリーズで

『夢の中へ』(山田正紀)出版芸術社
『鬼火』(横溝正史)出版芸術社
『丑の刻遊び』(竹河聖)出版芸術社


を各500円で購入。
じわじわ揃ってきている「ふしぎ文学館」ですが
500円ならいつでも即買いだ。(持って帰れる程度に)

さてかなり満足したので外へ出ましょう。

『魍魎の匣 上』(京極夏彦)双葉文庫

矢口書店で100円で購入。
購入メモに記載していたので買ったが家で確認したら持っていた。
でもパラフィン紙がついていたからいいや。
今しれっと”パラフィン紙”と書きましたが
この名称をど忘れしてしまい”古書 薄い”で検索しました。

次は@ワンダーへ。
ポップな感じのお店ですがここは好きな書店です。
店外の棚で下記を見つけて購入。
少し中身がへたっているようで270円とお安くなっていました。

『英国風の殺人』(シリル・ヘアー)国書刊行会

国書刊行会というネーミングがまず妖しくて良い。
これは世界探偵小説全集の中の一冊です。
一般的に有名な作品を外したラインナップが素晴らしい。
装幀も好みだし是非安価で揃えたい。

さて店内では念のため山田正紀先生の本をチェックします。
いろいろある。全部欲しい。でもお金もうない。

帰り際、大雲堂店外ワゴンで気になるものがあり買います。(1,400円)

『十二人の抹殺者』(輪堂寺耀)戎光祥出版

ミステリ珍本全集の1冊です。
”トリックの大量見本市というべき伝説の本格ミステリ、堂々の復活”
この帯で買わずに済ますことが出来ましょうか。
恐らく読むでしょう。
同シリーズの『醗酵人間』(栗田信)を持っていますが
こちらは持っているだけで良い本なので読みません。

神保町ではこれだけですがここへ来る前にブックオフで
『トレント最後の事件』(E・C・ベントリー)創元推理文庫
『伯母殺人事件』(リチャード・ハル)創元推理文庫

等数冊買っています。

リュックが重く疲れてます。
神保町はお金と体力を奪う街です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

神保町懐かしいですねえ。私も若い頃10年以上東京に住んでいたので、たまに徘徊していました。
まず最初に「腹が減っては戦はできぬ」とばかりにシェーキーズに入り、本日の目的、獲物を確認、散策ルートの計画を練る。
まず最初にディスクユニオンに立ち寄るパターンが多かったですが、その後オーディオユニオンで高級オーディオを眺めながら「いいなあ。ほしいなあ。」と思いながら、眺めるだけで立ち去る日々でしたw 古書店街もいきましたなあ。私の目的は主に洋書でしたが。当時はネット販売なんてやってなかったから貴重な場所でした。
サージェントに関しては、同じ感想ですw リミックス大丈夫? 変わりすぎてても嫌だけど、変わらなさすぎても買う価値なし。難しいですね。やっぱり様子観です。

URL | 実験鼠 #Xh3M41c.
2017/06/03 09:21 * edit *

Re: タイトルなし

実験鼠さん
こんばんは
やっぱり神保町はいいですよね。

オーディオユニオンは恐ろしくて入れないです。
自分には無縁と思われる高級品しかないようで気後れしています。
見れば「いいなあ。ほしいなあ。」なんでしょうね。

洋書お目当てとはこれまたハイレゾ?ですね。
名前は忘れましたがあの書店も恐ろしくて入れないです。

SGTはリミックスといっても付け足しはなさそうです。
オリジナルモノラルを尊重し過度なステレオ感を控えたようです。

本当は高級オーディオでアナログ盤で聴きたいところです

URL | 面白半分 #-
2017/06/03 17:09 * edit *

ハイレゾ → ハイソ?

それはそれとして「襲撃のメロディ」はお茶目なコンピュータさんが萌えるのでぜひご一読を。「氷河民族」は裏設定をいろいろ推察するのが楽しいのでぜひご一読を。「トレント最後の事件」はアントニイ・バークリーの先駆者として「本格ミステリの構造そのものを皮肉るギャグ小説」と思って読むとたっぷり笑えるのでぜひご一読を。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2017/06/03 18:50 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

今日「襲撃のメロディ」読みました。
最終話の巨大電子頭脳さんに萌えました。
襲撃のメロディといい氷河民族といいよくこんな初期のものまで読み込んでいらっしゃいますね。
私はようやく入手できて読んだのですが初めから”山田正紀”しているので感動しているところです。

「トレント」もようやく入手に至りました(これは手に入りやすいですが)読むの楽しみです

高音質音源をハイレゾ音源と呼ぶのですが
オーディオの話題があったのでハイソの意味合であえて使用してみました

URL | 面白半分 #-
2017/06/04 18:48 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2429-4bc3bf38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話