09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

心臓と左手

心臓左手
石持浅海
心臓と左手―座間味くんの推理 (光文社文庫)
心臓と左手―座間味くんの推理 (光文社文庫)


ミステリーにおける最大の謎は、人の心の奥深くにある―。
警視庁の大迫警視が、あのハイジャック事件で知り合った「座間味くん」
と酒を酌み交わすとき、終わったはずの事件は、
がらりとその様相を変える。
切れ味抜群の推理を見せる安楽椅子探偵もの六編に、
「月の扉」事件の十一年後の決着を描いた佳編「再会」を加えた、
石持ミステリーの魅力が溢れる連作短編集。


「座間味くん」を探偵役としたミステリです。
過去に起こったが解決したテロ組織に絡む事件(大迫警視が関係者)
の概要を聞いた「座間味くん」が事件の真相を推理します。
警察対テロ組織という構図の中で当然とされていた見解から生まれる
事件の”解決”を「座間味くん」が一般人の視点で覆していきます。

冒頭の一篇「貧者の軍隊」なんてまさにそうですね。
視点が切り替わることで事件の構造が変わりました。

作品のスタイルは全て同じフォーマットなので、
読み進めるうちに
あっ、これきっと伏線になっているはずだとか、ここがポイントだな、
と思うようになっていくのも楽しい部分です。

心臓左手」はなんとなく法月綸太郎さんあたりを思い起こしました。

「沖縄心中」では沖縄米軍問題を扱っています。
作中「座間味くん」に、
米軍とともに生まれた今の沖縄文化が好きなので
米軍問題には意見がいえない、
といった発言をさせています。
ここらへん多くのリアルな日本人の意見かも。

扱われる問題は石持さんらしく社会性のあるものですが
ミステリとして何より面白いのでオススメです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


『月の扉』を読んでいなくても問題なく面白いと思います。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2419-6f9709f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話