08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

神曲法廷

神曲法廷
山田正紀
神曲法廷 (講談社文庫)
神曲法廷 (講談社文庫)


一片の金属すら持込むことができない密室状態の中で弁護士が刺殺された
法曹関係者が連続して殺されていく事件の謎を「神の烙印」を押された
検事、佐伯神一郎が追う。すべての真相は異端の建築家が造った
「神宮ドーム」に隠されているのか!?読者を凍てついた神話世界に誘う、
超絶本格推理ただいま開幕。


ダンテの『神曲』をモチーフにした重厚な本格ミステリです。
事件は
金属探知機を通って入った部屋での弁護士刺殺
マスコミが押し寄せる中での別室移動とそこでの判事絞殺
ドーム内での人間消失と密室での被告殺害
と不可能趣味満載の大作です。
そのほかにも細かい謎が随所にあり
かなりとっつきにくい作品ではありますが
ひとたび作品世界に惹きこまれるともう止まりません。

登場人物も異端の建築家、検事、警察官、謎の美少年、精神科医と
多彩でありながら、その他脇役含め、みな重苦しく陰鬱な雰囲気です。

そして主人公佐伯も不安定な精神状態の中、”神”の声に導かれます。

検察と警察の体質についての問題を一方の軸とし
神曲』に取りつかれた建築家の想いとその執念が異様な雰囲気を
醸し出す重厚な作品でした。

一つ目の事件(弁護士刺殺)の解決であるラストはコワい。
ここだけ抜き出せばホラー(超常的なものではなく)です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


佐伯が作中で「密室トリックなんてどうでもよい」
というような事を言っています。
実は他の不可能犯罪も単発のトリックとしたら結構憤慨モノかも。
でもこの作品では許されてしまうんでしょう。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2415-3bc1fc8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話