06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

彼女が追ってくる

『彼女が追ってくる』
石持浅海
彼女が追ってくる (祥伝社文庫)
彼女が追ってくる (祥伝社文庫)


〈わたしは、彼女に勝ったはずだ。それなのに、なぜ……〉
中条夏子は、かつての同僚で親友だった黒羽姫乃を刺殺した。
舞台は、旧知の経営者らが集まる「箱根会」の夜。
愛した男の命を奪った女の抹殺は、正当な行為だと信じて。
完璧な証拠隠滅。夏子には捜査から逃れられる自信があった。
さらに、死体の握る“カフスボタン”が疑いを予想外の人物に向けた。
死の直前にとった被害者の行動が呼ぶ、小さな不協和音。
平静を装う夏子を、参加者の一人である碓氷優佳が見つめていた。
やがて浮かぶ、旧友の思いがけない素顔とは……?


碓氷優佳シリーズ3作目です。
今回も終盤、
真犯人に対し容赦なくその殺意を暴いていくところが痛快です。

被害者が”カフスボタン”を握りしめていたというところから、
別の登場人物が疑われますが、真犯人もそれが気になり、
それがわかるまでは警察の介入を良しとしません。

巻末の文庫解説でなるほどと思いましたが
これは”クローズド・サークル”を作るための
小説上の仕掛けでもあるんですね。

ラストも気が利いている?し、どうにもこうにも面白い。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村





関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2412-c501f8c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話