04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

絶望名人カフカの人生論

『絶望名人カフカの人生論』
頭木弘樹
絶望名人カフカの人生論
絶望名人カフカの人生論



「いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです」
これは20世紀最大の文豪、カフカの言葉。
日記やノート、手紙にはこんな自虐や愚痴が満載。
彼のネガティブな、本音の言葉を集めたのがこの本です。
悲惨な言葉ばかりですが、思わず笑ってしまったり、
逆に勇気付けられたり、なぜか元気をもらえます。
誰よりも落ち込み、誰よりも弱音をはいた、
巨人カフカの元気がでる名言集。



元気が出る言葉集、や、成功者のお言葉集、や、前向きな言葉集
なんてものを読んで力がもらえるタイプの人と、そうでない人がいる。
私は後者です。
最近は、後ろ向き名言集なんて本も出ていて、
そちらを読んで逆に元気をもらえたりします。

さて、そんな中でも真打というか、
その先駆けになったといえる本がこの本です。

以前新聞広告でみて気になっていたのですがようやく購入できました。
(なにしろブックオフでしか買いませんので)

いやあ、後ろ向きです。
でも共感できるんです。

一番インパクトがあるのが紹介文にもでてきた下記です。

将来に向かって歩くことは、ぼくにはできません。
将来に向かってつまずくこと、これはできます。
いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。

味がありますなあ。
なんとこれは、とある女性へのラブレターの一文です。
思い切り自分の弱いところをさらけだしています。

これもなんかわかる気がします。

カフカの言葉の紹介とその言葉の背景が解説されるという構成で
とても興味深く読めました。

だけど『変身』はもう読まない。
あれはへヴィだ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

カフカは中学生のころの夏休みの読書感想文に「城」を選んで、死ぬかと思いました(笑) いい小説なんですけど、あそこから「結末」に持っていく方法がどう考えてもわからん(笑)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2017/05/07 09:55 * edit *

ポール・ブリッツさん
こんばんは

中学生でカフカですか。
しかも「変身」ではないところが素晴らしいです。

「城」がどんな作品かわからないのですが
すでにポール・ブリッツさんは
小説の仕掛けや構造みたいところに注目されてたんですね。

URL | 面白半分 #-
2017/05/07 20:10 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2401-5a1d6217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話