04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

聖女の毒杯

『聖女の毒杯』
井上真偽
聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)
聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)


聖女伝説が伝わる地方で結婚式中に発生した、毒殺事件。
それは、同じ盃を回し飲みした八人のうち三人(+犬)だけが殺害される
という不可解なものだった。参列した中国人美女のフーリンと、
才気煥発な少年探偵・八ツ星は事件の捜査に乗り出す。
数多の推理と論理的否定の果て、突然、真犯人の名乗りが!?
青髪の探偵・上苙は、進化した「奇蹟の実在」を証明できるのか?


『その可能性はすでに考えた』の続編であり、
副題にもこの言葉がついています。

細かい事象から延々と続く推理とその反証は、
読んでいて飽きてきそうなものですが、
キャラクターの面白さで救っているようです。
(笠井さんの「青銅の悲劇」はこれがなかった?)
ここまでは少年探偵の推理ですが、
結局犯人が絞れないという状況で真犯人の独白で
この後どうなっていくことやらと引き込まれます。
そして次の章での一風変わった展開に驚きます。
真犯人が別の意味で真相を離せない状況に追い込まれます。

さらに物語は、この事件を犯人のいない「奇蹟」と判断した
主人公の探偵と真犯人や周りの人々との絡み合いがメインとなりますが、
ここでもしつこいくらいの推理と反証合戦になります。

この合戦内容は、読んでいてもう何が何だか分からなくなてくる程の
細かい内容ですが、伏線部分ははっきりと書かれているものが多く
私のように内容を十分に理解できなかった読者でも満足感が得られます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


続編まだまだ出てきそうですね。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2399-6bbc2823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話