04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

UFO大通り

『UFO大通り』
島田荘司
UFO大通り (講談社文庫)
UFO大通り (講談社文庫)



迫力の中編集。異様な姿で死んでいる男が鎌倉の自宅で発見された。
白いシーツを体にぐるぐる巻き、ヘルメットとゴム手袋という重装備。
この男の近所に住む老女は、戦争をしている宇宙人たちを見たという。
これはUFOがからんだ殺人なのか?
表題作「UFO大通り」のほかに、御手洗潔の「遠隔推理」
と追いつめられた女の行動の対比が見事な中編「傘を折る女」の計2作を
収録。


故鮎川哲也先生に

作品冒頭にこんなことが書かれていれば期待します。
そして期待どうりの本格作品でした。

奇抜な謎と論理的な謎解き。
そしてなにより御手洗潔の言動がなかなかそれっぽくて良かった。

「UFO大通り」
宇宙人、光線銃、UFOと、やり放題で、当然見間違えているわけで
ありえない見間違えだと思いますが、本格の論理なので良いのです。

「傘を折る女」
ホームズの如く、傘を車に轢かせておってしまう女の行動から
その裏にあるものを推理していきます。しかしそれだけでなく
さらに予想外の不可解な現象まで起こります。

重厚さというより軽さとスピード感が出ている感じがしましたが
むしろこのほうが御手洗モノとしてはいいなあ。
しばらく島田荘司作品と遠ざかっていましたが
こんな感じならまた読んでいきたいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2368-afb8e4b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話