03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

暗い宿

『暗い宿』
有栖川有栖
暗い宿 (角川文庫)
暗い宿 (角川文庫)


チェックアウトはできますが、去ることはかないません。

廃業が決まった取り壊し直前の民宿、南の島の極楽めいたリゾートホテル
冬の温泉旅館、都心のシティホテル…。
様々な宿で起こる難事件に、おなじみ火村・有栖川コンビが挑む!


「暗い宿」
これはなかなか暗くて良い。タイトル通り。

「ホテル・ラフレシア」
イーグルスのホテル・カリフォルニアについても語られる。
明るい南国リゾートホテルでの一幕ですが、
ラストに全く別のところでつき落とします。


You can check out anytime you like… but you can never leave

「異形の客」
包帯ぐるぐる巻きでサングラスの如何にもアヤシイ人物が出てきます。

「201号室の災厄」
火村助教授がハード・ボイルド風に事件に巻き込まれます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2367-1b56ebb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話