08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ロシア紅茶の謎

『ロシア紅茶の謎』
有栖川有栖
ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)
ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)


作詞家が中毒死。彼の紅茶から青酸カリが検出された。どうしてカップに
毒が?表題作「ロシア紅茶の謎」を含む粒ぞろいの本格ミステリ6篇。
エラリー・クイーンのひそみに倣った「国名シリーズ」第一作品集。
奇怪な暗号、消えた殺人犯人に犯罪臨床学者・火村英生とミステリ作家・
有栖川有栖の絶妙コンビが挑む。


短編集で多彩な作品が嬉しい。

「動物園の暗号」
殺人犯人を示したと思われる暗号文。ダイイングメッセージでもある。
暗号は解けたが犯人かどうかの証拠固めは別、という割り切りが良い。

「屋根裏の散歩者」
まさにあれ。でも罠を仕掛ける火村先生はいかがなものか。

「ロシア紅茶の謎」
命がけの毒薬トリック。でも十分ありえそう。
こんな会話もうれしい。

「お前、いい年こいてこんなの車の中で鳴らしてんのか?」
火村は冷ややかな目をして言った。
「キング・クリムゾンを聴きながら鼻歌混じりのドライブはできんや
ないか」

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2363-953c9429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話