09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

名探偵の呪縛

『名探偵の呪縛』
東野圭吾
名探偵の呪縛 (講談社文庫)
名探偵の呪縛 (講談社文庫)


図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一に
なっていた。次々起こる怪事件。だが何かがおかしい。じつはそこは、
「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の
正体は? そして街にかけられた呪いとは何なのか。『名探偵の掟』の
主人公が長編で再登場。


本格ミステリのお約束事項をネタにするところは
前作『名探偵の掟』同様ですが、
本作は笑いの要素は無くなっています。

東野圭吾さん自身と思えるミステリ作家が、
『本格推理』という概念がない世界へ名探偵として転生します。

終章では、この世界の意味合いと、東野圭吾さん自身の本格推理小説への
向き合い方ととれる内容が出てきて非常に興味深い。

意外に重い内容の小説でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2351-674d0e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話